宗教者九条の和
事務局 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町8-7 日本山妙法寺内
| TOP | | お知らせ | | 宗教者のみなさまへ | | 賛同メッセージ | | 呼びかけ人 | | お問合せ |


  
賛同者・賛同団体を募ってます。
賛同者数::2575名(令和4年9月26日12時現在) 

  令和4年8月18日に発表した『安倍元首相の「国葬」閣議決定撤回を求める』諸宗教者共同声明への賛同してくださる方を広く求めています。以下のリンクより賛同の申し込みをお願いします。
(期限は2022年9月27日午前0時まで)
   
   
   (1) インターネットからの賛同は、こちらから ⇒クリック
   
   
   (2) 賛同用紙(手書用・PDF)は、こちらから ⇒クリック
   ※FAX・郵送などの手書きでの 賛同用紙(PDF)は、こちらを印刷してお使いください。
   

  ご賛同へのご協力をお願いいたします。
  共に祈り、力を尽くしてまいりましょう。 合掌


]
  『安倍元首相の「国葬」閣議決定撤回を求める
  諸宗教者共同声明』賛同者数集約集会開催のお知らせ彡
  ―国民に弔意を強制してはならないー
2022年9月7日

  岸田政権は、来る9月27日に安倍元総理の「国葬」を、国民にも、国会にも問うことなく一方的に決定しました。8月18日に発表した『安倍元首相の「国葬」閣議決定撤回を求める諸宗教者共同声明』に現在900名の賛同が寄せられています。さらに賛同者を増やしてまいりましょう。
そして、「弔意を強制するな」の声を上げてまいりましょう。
  
 開催日時: 2022年
9月22日(木) 14:00〜15:30
 会  場 : 参議院議員会館 101会議室

◎内田雅俊 弁護士(戦争をさせない1000人委員会事務局長)からお話しをいただきます。
◎国会議員・各宗派の方々からの連帯のご発言をいただきます。
◎『安倍元首相の「国葬」閣議決定撤回を求める諸宗教者共同声明』に、ご賛同ください。以下のメール・FAXへお寄せください。(ネットでの署名もできます) 賛同方法へ⇒クリック


渋谷ハチ公前毎週連続祈念行動 
 9月8日(木)・15(木)・21(水)、各日共14時から15時迄。
 ・コロナ対策を万全にしてお集まりください。
 ・「渋谷ハチ公前毎週連続祈念行動」チラシ(PDF) ⇒クリック

  諸宗教者共同声明『安倍元首相の「国葬」閣議決定撤回を求める ―国民に弔意を強制してはならないー』 (2022/8/18)
     詳細は、こちらを ⇒クリック
     諸宗教者共同声明・PDF版は、こちらを ⇒クリック

   賛同者・賛同団体を募ってます
        賛同者数::900名(令和4年9月7日現在)
    令和4年8月18日に発表した『安倍元首相の「国葬」閣議決定撤回を求める』諸宗教者共同声明への賛同してくださる方を広く求めています。以下のリンクより賛同の申し込みをお願いします。(期限は2022年9月27日午前0時まで)
      
   (1) インターネットからの賛同は、こちらから ⇒クリック
   
   
   (2) 賛同用紙(手書用・PDF)は、こちらから ⇒クリック
   ※FAX・郵送などの手書きでの 賛同用紙(PDF)は、こちらを印刷してお使いください。
   
  ご賛同へのご協力をお願いいたします。
  共に祈り、力を尽くしてまいりましょう。 合掌

『安倍元首相の「#国葬」閣議決定撤回を求める』諸宗教者共同声明賛同者数集約集会・20220922


  
  国民に弔意を強制してはならない!
  国葬に反対する渋谷ハチ公前毎週連続祈念行動
2022年9月4日

  9月27日予定の「安倍元首相の国葬」に反対する意志をアピールする連続街頭祈念行動を呼びかけます。
  弔意を強制し、私たちの税金を使って行われる「国葬」に反対することを街頭で以下の日程にてアピールしていきたいと思います。
  緊急な呼びかけになります。皆様のご参加をお願いいたします。
  
 ◎9月2日(金)  ◎9月8日(木)  ◎9月15日(木)  ◎9月21日(水)
 ※各日共 14時〜15時
 ※渋谷ハチ公前広場(交番前付近)
 ※都合により場所を近くに移動する場合があります。
 ※プラカード・のぼり・横断幕をご持参ください(目に見えるかたちで訴えてまいります)。
 ・「渋谷ハチ公前毎週連続祈念行動」チラシ(PDF) ⇒クリック



諸宗教者共同声明
安倍元首相の「国葬」閣議決定撤回を求める
―国民に弔意を強制してはならないー


  安倍元首相の「国葬」を、9月27日に日本武道館で行うことを岸田内閣が閣議決定した(7月22日)ことに、私たちは強く抗議いたします。
  与党幹事長が、「国葬」の理由を「多くの国民が望んでいる」との趣旨の発言をしていますが、複数の報道機関の世論調査で、「国葬に反対」が「国葬に賛成」を上回っており、もはや「国葬」を「多くの国民が望んでいる」とは言えなくなっていることは明らかです。「国葬」の根拠はすでに崩れています。
  長期政権の功罪も賛否両論で、モリ・カケ・サクラによる安倍元首相の退陣は国民の政治不信を深めたことは論を待ちません。何よりも、殺害の動機が政治的信条などではなく、カルト教団の広告塔に対する怨恨であったことが明らかになった以上、安倍元首相の生前の政治家としての姿勢が問われることになりました。「国葬」の強行は日本の歴史に大きな汚点を残すことになります。
  葬儀・弔いは本来宗教的教義に基づく行為であり、国家権力によって制約されるものではありません。戦前の「国葬令」は、諸宗教の上に国家神道が置かれた、天皇制国家主義の明治憲法下の法令であり、現憲法は第19条で「思想・良心の自由」が保障され、第20条で「信教の自由」が表明されています。国民の弔意が権力によって強制されることがあってはならないのです。政権に参加している公明党は何故沈黙しているのでしょうか。率先して「国葬」に反対すべきでしょう。
  岸田内閣は安倍元首相の「国葬」を政治利用して権力強化の契機にしようとしていることが窺えます。その方向は現憲法の平等なる人間の自由と尊厳に対する冒涜です。日本の民主主義の根幹を揺るがす危険な判断と言えましょう。 私たち諸宗教者は、安倍元首相の「国葬」閣議決定撤回を求めます。

2022年8月18日
(仏教)
雨森真一 (真宗大谷派・九条の会事務局)
荒川庸生 (日本宗教者平和協議会代表理事)
石川浩徳 (立正平和の会副理事長・日蓮宗僧侶)
石川勇吉 (愛知宗教者平和の会)
石黒友大 (日蓮宗僧侶・お題目九条の会会長)
石橋純誓 (非戦平和を願う真宗門徒の会呼びかけ人)
今井行康 (日本山妙法寺大僧伽首座)
大分哲照 (東西本願寺を結ぶ非戦・平和共同行動事務局)
大河内秀人 (浄土宗見樹院住職)
岡田隆法 (真言宗豊山派僧侶)
小武正教 (念仏者九条の会共同代表)
小野文b (日蓮宗僧侶・群馬諸宗教者の集い代表)
河野太通 (臨済宗妙心寺派 龍門寺閑栖)
古河良晧 (日蓮宗僧侶)
城山大賢 (浄土真宗本願寺派 報正寺住職)
菅原龍憲 (真宗遺族会代表)
田中徳雲 (曹洞宗僧侶)
中嶌哲演 (真言宗御室派明通寺住職)
宮城泰年 (聖護院門跡門主・僧侶)
山崎龍明 (浄土真宗本願寺派僧侶)

(カトリック)
ウェイン・バーント (日本カトリック正義と平和協議会会長)
エドガル・ガクタン (日本カトリック正義と平和協議会担当司教)
弘田しずえ (ベリス・メルセス宣教修道女会)
松浦悟郎 (カトリック司教)
三上一雄 (カトリック労働者運動 会員)

(プロテスタント)
飯塚拓也 (日本キリスト教協議会東アジアの和解と平和委員長)
岡田 仁 (富坂キリスト教センター総主事)
小池悠美子 (プロテスタント教会所属)
金 性済 (日本キリスト教協議会総幹事)
金 柄鎬 (在日大韓基督教会総幹事)
北澤忠蔵 (プロテスタント教会牧師)
北澤泰子 (プロテスタント教会所属)
島崎孝子 (プロテスタント教会所属)
平良愛香 (平和を実現するキリスト者ネット事務局代表)
滝田浩之 (日本福音ルーテル教会事務局長)
内藤新吾 (日本キリスト教協議会平和・核問題委員会)
中田義直 (日本バプテスト連盟常務理事)
比企敦子 (日本キリスト教協議会教育部総主事)
目黒昭彦 (キリスト教プロテスタント教会所属)
目黒恵子 (プロテスタント教会所属)
矢萩新一 (日本聖公会管区総主事)
弓矢健児 (日本キリスト改革派教会宣教と社会問題委員会委員長)
吉 叶 (日本キリスト教協議会議長)

(神道)
奥田靖二 (神主)

池本英子
大谷正穂 (辺野古に土砂を送らせない・山口のこえ代表)
岡田弘隆 (島ぐるみ宗教者の会共同代表)
鈴木 實 (岡山宗教者九条の会)
清水建夫 (弁護士)
谷 大二 (島ぐるみ宗教者の会共同代表)
渡名喜隆子 (沖縄の基地を考える会・札幌)
長田浩昭 (原子力行政を問い直す宗教者の会)

以上 52名


平和をつくり出す宗教者ネット
東京都渋谷区神泉町8?7日本山妙法寺内
TEL 090-6711-5573(江上) FAX 03-3461-9367
Email:nqh10948@nifty.com

| TOP | | お知らせ | | 宗教者のみなさまへ | | 賛同メッセージ | | 呼びかけ人 | | お問合せ |
事務局 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町8-7 日本山妙法寺内