宗教者九条の和
事務局 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町8-7 日本山妙法寺
| TOP | | お知らせ | | 宗教者のみなさまへ | | 賛同メッセージ | | 呼びかけ人 | | お問合せ |

お知らせ


 

 令和6年 2月度 宗教者ネット 月例院内集会  (2024.2.15)

『陸自幹部の靖国・宮古神社集団参拝に抗議する
 2・14宗教者・市民集会
 自衛隊は文民統制を壊すな!』

平和をつくり出す宗教者ネット 月例院内集会

皆さま

2月14日(水)の共同声明発表集会は50人の参加で行うことができました。
賛同団体60団体、賛同者243名です。
さらに第2次集約を行いますので、拡散していただけるよう、お願いいたします。
合掌

  『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明発表(PDF) ⇒ クリック

『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明発表(PDF)


  第2次集約 『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明へのご賛同をお願い(PDF) ⇒ クリック
   締切り:第2次集約 2024年3月11日(月)必着(FAXでもEメールでも可)
        FAX 03 3461 9367  Eメール nqh10948@nifty.com

-------------------
皆さま

今年1月10日、沖縄陸上自衛隊宮古島駐屯地トップ・比嘉隼人司令と幹部隊員約20名が制服着用し、公用車を使って、宮古島市内の宮古神社に集団参拝したことが明らかになりました。これに先立つ前日の1月9日、陸自ナンバー2の小林弘樹陸上自衛隊幕僚副長らの陸自幹部の靖国神社集団参拝が行われました。これら陸自幹部の神社参拝は、戦前・戦中の「軍部の独走・暴走」を想起 させるものであって、決して黙過できるものではありません。私たちは、2月14日に沖縄・宮古島の市民・宗教者の皆様と協力して、陸自幹部の神社集団参拝に抗議する集会をつとめます。

「自衛隊は文民統制を壊すな!」「自衛隊は能登半島大地震救援に専念しろ!」の声を一緒にあげてまいりましょう。

戦争は災害の後にやって来ます。今こそ警鐘を鳴らし続け、憲法の平和主義の精神を守り、日本の再軍国化を阻止してまいりましょ う。

多くの方々のご参加をお願いいたします。

合掌

 ◎「陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する」宗教者・市民共同声明へのご賛同をお願いいたします。どなたでも賛同できます。詳細⇒クリック

 ◎「念仏者九条の会」の抗議文『陸上自衛隊による靖国神社への集団参拝に抗議し、 厳正に処分することを求めます』
(2024/1/23) PDF 詳細⇒クリック

 ※前回掲載訂正(誤:衆議院第2議員会館 ⇒ 正:衆議院第1議員会館)

日時: 2024年 2月14日(水) 14:00~15:30
場所: 衆議院第1議員会館 国際会議室
内容: ◎宗教者・市民共同声明を発表いたします。 ◎各党国会議員の方々から連帯のご挨拶をいただきます。 ◎宗教者・市民から発言をいただきます。
主催: 平和をつくり出す宗教者ネット / 基地のない沖縄をめざす宗教者の集い
共催: ミサイル基地はいらない宮古島住民連絡会

※ コロナ対策を万全にしてお集まりください

連絡先: 
TEL 090 1853 1446(武田)  FAX 03 3461 9367 
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

令和6年 2月度 宗教者ネット月例院内集会 案内
『 陸自幹部の靖国・宮古神社集団参拝に抗議する 2・14宗教者・市民集会』
主催 平和をつくり出す宗教者ネット / 基地のない沖縄をめざす宗教者の集い
共催 ミサイル基地はいらない宮古島住民連絡会
自衛隊は文民統制を壊すな!
2/14(水) 14:00~15:30
場所:衆議院第1議員会館 国際会議室
◎宗教者・市民共同声明を発表いたします。 ◎各党国会議員の方々から連帯のご挨拶をいただきます。 ◎宗教者・市民から発言をいただきます。
平和をつくり出す宗教者ネット
TEL 090 6711 5573(江上)  FAX 03 3461 9367
陸自幹部の靖国・宮古神社集団参拝に抗議する 2・14宗教者・市民集会 自衛隊は文民統制を壊すな!。 於:衆議院第2議員会館 国際会議室・平和をつくり出す宗教者ネットの月例院内集会
※↑の画像クリックで PDF で開きます。




=賛同のお願い・第2次集約=
『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』
宗教者・市民共同声明への賛同をお願いします。
(どなたでも賛同できます)
        
(2024.2.15)

みなさま

2月14日(水)の共同声明発表集会は50人の参加で行うことができました。
賛同団体60団体、賛同者243名です。
さらに第2次集約を行いますので、拡散していただけるよう、お願いいたします。
合掌


  「陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する」宗教者・市民共同声明へのご賛同は、どなたでも賛同できます。

 ◆賛同方法: 所定用紙(PDF)「ご賛同のお願い」を 印刷して、必要事項ご記入の上、FAXまたはEメールにてお送り下さい。
   ・所定用紙(PDF)「ご賛同のお願い」は。こちらを⇒クリック
 ◆賛同送付宛先: FAX 03 3461 9367  Eメール nqh10948@nifty.com
 ◆締切り: 2024年3月11日(月)必着
 ◆その他: どなたでも賛同できます。
 

  『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明発表(PDF) ⇒ クリック

  第2次集約 『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明へのご賛同をお願い(PDF) ⇒ クリック
   締切り:第2次集約 2024年3月11日(月)必着(FAXでもEメールでも可)
        FAX 03 3461 9367  Eメール nqh10948@nifty.com

第2次集約『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明へのご賛同のお願い
(2024.2.15)

呼びかけ:平和をつくり出す宗教者ネット
第2次集約『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明へのご賛同のお願い
◎どなたでも賛同できます◎締切:2024/3/11(月)必着 ◎FAXでもEメールでも可。
⇐「共同声明文と賛同用紙紹介ページ」QRコード
  平和をつくり出す宗教者ネット
 TEL 090 6711 5573(江上)  FAX 03 3461 9367
 
 



 『沖縄激戦地土砂の埋立使用阻止
  2・6緊急防衛省交渉(東京)』 のご案内
 (2024.1.17)
[緊急 防衛省交渉] ◎2/6(火)12時~2時 開場11:30~・『沖縄激戦地土砂の埋立使用阻止
2・6緊急防衛省交渉(東京)』於:衆議院第1議員会館 国際会議室・主催:沖縄戦遺骨収集ボランテア・ガマフヤー
※↑の画像クリックで PDF で開きます。

沖縄激戦地土砂の埋立使用阻止 2・6 緊急防衛省交渉(東京)』
主催 沖縄戦遺骨収集ボランテア・ガマフヤー
協賛 沖縄の闘いに連帯する関東の会・あつまれ辺野古@関東・平和をつくり出す宗教者ネット・ 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック・平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO)
防衛省から戦没者を守れ! 県との事前協議に応じろ! 土砂採取場所の変更は知事の承認事項だ!
2/6(火) 12~14時 開場11:30~
場所:衆議院第1議員会館 国際会議室
ガマフヤーがハンスト 「土地採取場所の変更は知事の承認事項だ!」
◎1月10日:国は大浦湾の埋め立て工事に突然着手。10日から始まったハンストは工事について県との事前協議抜きの沖縄無視、蹂躙の暴挙に抗議し、この暴挙と真っ向ぶつかった。沖縄県は事前協議書を送付し11日に防衛局に届いた。沖縄県無視の工事強行は許されない!
◎ 防衛省交渉では主に次の事項を明らかにさせる。「①激戦地土砂の辺野古埋め立て使用は戦没者の尊厳を守れない②埋め立て承認の際の留意事項では「土砂採取場所を変更する場合は知事の承認を受けること」となっており、埋め立て土砂の採取地決定は知事の承認事項。③公有水面埋め立て法施行規則第3条では埋め立て願書に「土砂の採取場所」を記載するように定めており「採取予定地」しか示していない現状は書類不備。④受注業者が決定すると言う説明はおかしい。⑤埋め立ての岩ズリは「黒岩」のはずだが南部は「白岩」使用できない。」などだ。
◎ 戦後、政府が全国の戦没者遺族の元へ届けた遺骨箱の中は、ほとんどが遺骨ではなく御霊石であった。防衛省は、戦没者の血と魂を吸い込んだ南部の御霊石を住民や日本兵を殺したアメリカ軍の基地を作るために海に捨てようとしている。防衛省は人道無視の沖縄激戦地土砂の埋立使用計画を撤回すべきだ。
  連絡先: 090-2062-5695(上田)
     沖縄戦遺骨収集ボランテア・ガマフヤー 事務局



宗教者ネットより
『 衆院・参院憲法審、立憲野党への緊急行動 』のお願い
        
(2024.1.11)

みなさま

  岸田文雄首相は、1月4日、金権自民党の本質を露呈する政治資金規正法違反事件と、人々が大規模な被害を被っている能登半島大震災の最中に行われた記者会見で要旨次のように改憲問題に言及しました。
  「憲法改正の実現に向けた最大限の取組も必要だ。自民党総裁として言えば、自分の総裁任期中に改正を実現したいとの思いに変わりはなく、議論を前進させるべく最大限努力をしたいと考えている。今年は条文案の具体化を進め、党派を超えた議論を加速していく」と。
  憲法調査会以来、憲法の議論は「政局から離れて静かに議論をする条件・環境をつくって議論する憲法調査会以来のよき伝統」(自民党憲法改正推進本部の会合での保岡興治本部長発言・2016年10月18日)のもとで行うべきものと繰り返し確認してきています。
  この伝統から見ても、今は改憲の議論などするべき時ではありません。
  12月7日の衆院憲法審査会で中谷元・与党筆頭幹事(自民党)は、①「緊急事態条項、特に議員任期延長を始めとする緊急事態における国会機能維持」については自民、公明、維新、国民、有志の会で認識が一致しており、立憲民主が合意形成に向けて建設的な議論をする必要があること、および②自衛隊明記について、は記述の仕方というテクニカルな問題を除けば「ほぼ合意が形成されている」として、「具体的な条文作成のための機関を設け、条文作成のステージに入る」ことを提案しました。
  この中谷発言は事実とは大きく異なります。衆参両院の憲法審査会の議論では「改憲すべき条文」などについて、意見の違いは小さいものではなく、全体の「合意」はありません。
  7日の会議で中川正春・野党筆頭幹事(立憲民主党)は「緊急事態については、現時点で私たちは憲法に明記する必要はないと考えている」と言明しました。またこの会議で国民民主党の玉木雄一郎委員は「(中谷委員は自衛隊明記についてほぼ合意ができていると言ったが)私は、単なる明記案は中途半端で反対」と自民党案のより右にシフトする立場で発言しました。また昨年10月27日の衆院憲法審では公明党の北側一雄副代表は自衛隊を9条ではなく、憲法の統治機構条項部分に挿入する変化球的改憲案を提起しています。
  要するに議員任期延長の緊急事態条項では立民(社民含む)と共産とれいわが反対で、自衛隊明記ではこれにくわえて国民民主も公明も自民案に同意していません。
 にもかかわらず「ほぼ合意」があるごとく述べて「条文案の具体化」を語るのは、まず「改憲ありき」の姿勢であり、岸田首相が繰り返し公約してきた「自分の総裁任期中の(憲法)改正」の実現をめざして、強引に採決をしてでも「条文案」をつくるという、改憲推進問答無用の宣言に通じるものです。
  改憲案条文づくりのための「作業部会」の設置は断じて許してはなりません。
  24年1月下旬から始まる通常国会が岸田改憲とのたたかいの正念場です。ご多忙のところ、恐れ入りますが、一人でも多くの市民のみなさんが、ぜひ以下の立憲野党各委員にFAXを送り、改憲原案作りの「作業部会設置に反対」するよう、要請してくださいますようお願いします。

許すな!憲法改悪・市民連絡会

また、拡散していただければ幸いです。  合掌

  『 衆院・参院憲法審、立憲野党への緊急FAX行動 』のお願い(PDF) ⇒ クリック


『衆院・参院憲法審、立憲野党への緊急FAX行動 』のお願い

●衆院憲法審査会委員FAX名簿(立憲野党のみ)
役職  名前  会派  FAX番号
幹事  階 猛 立憲  03-3508-3824
幹事  中川 正春 立憲 03-3508-3428
委員  新垣 邦男 立憲(社民)03-3508-3707
委員  大島 敦 立憲 03-3508-3380
委員  奥野 総一郎 立憲 03-3508-3526
委員  城井 崇 立憲 03-3508-3509
委員  近藤 昭一 立憲 03-3508-3882
委員  本庄 知史 立憲 03-3508-3949
委員  谷田川 元 立憲 03-3508-3502
委員  吉田 はるみ 立憲 03-3508-3250
委員  赤嶺 政賢 共産 03-3508-3626

●参院憲法審査会委員FAX名簿(立憲野党のみ)
役職  名前    会派  FAX番号
幹事  小西洋之  立憲 03-6551-0915
幹事  辻元清美  立憲 03-6551-0613
幹事  山添拓   共産 03-6551-0817
委員  石川大我  立憲 03-6551-1113
委員  打越さくら 立憲 03-6551-0901
委員  小沢雅仁  立憲 03-6551-1119
委員  熊谷裕人  立憲 03-6551-1217
委員  古賀千景  立憲 03-6551-0409
委員  福島みずほ 立憲(社民)03-6551-1111
委員  仁比聡平  共産 03-6551-0408
委員  山本太郎  れい 03-6551-0602
以上


●例文
 「改憲原案作りの『作業部会設置』に反対します 」


『衆院・参院憲法審、立憲野党への緊急FAX行動のお願い』
(2024.1.11)

呼びかけ:許すな!憲法改悪・市民連絡会 / 宗教者ネット
『衆院・参院憲法審、立憲野党への緊急FAX行動』
「激励・抗議例文とFAX番号を紹介ページ」へ
  連絡先: 許すな!憲法改悪・市民連絡会 
[集会案内] ◎10/28(土)15:30~17:15・『《のじれん》に関わって25年・渋谷の街から見た【失われた30年】と【日本の未来】』・お話:下川雅嗣神父・於:イエズス会 岐部ホール 404室・主催:カトリック麹町聖イグナチオ教会 メルキゼデクの会
 ※↑の画像(1/2P)クリックで PDF で開きます。

[集会案内] ◎10/28(土)15:30~17:15・『《のじれん》に関わって25年・渋谷の街から見た【失われた30年】と【日本の未来】』・お話:下川雅嗣神父・於:イエズス会 岐部ホール 404室・主催:カトリック麹町聖イグナチオ教会 メルキゼデクの会
 ※↑の画像(2/2P)クリックで PDF で開きます。

 お知らせ・履歴 ⇒クリック


=お願い=

「宗教者九条の和」の活動を支えていただくため、
ご支援をお願い申し上げます。

振替口座:00140-1-260524「宗教者九条の和」

☆安倍首相は、閣議決定で集団的自衛権の行使を容認し、何が何でも、日本を「戦争する国」にしようと、「限定的」とか、自衛権の「集団的」を明記しないとか言い出しています。こんな偽装にだまされてはいけません。
 安倍首相の解釈改憲は、ナチス・ドイツがワイマール憲法を葬り去った歴史を繰り返す危険性があります。
 みんなで祈り、声を上げましょう!行動を起こしましょう!署名を集めましょう!

「宗教者九条の和」呼びかけ人世話役・事務担当者一同



皆様からのメッセージをぜひ下記の事務所へお寄せください。「宗教者九条の和」の「ホームページ」「ニュース・レター」などでご紹介させていただき、私たち宗教者の憲法第九条を守る祈りの和を共有していきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。 
「宗教者九条の和」の事務所は、日本カトリック会館から日本山妙法寺に平成21年3月末日をもって移転いたしました。 

 これまでの活動の履歴はこちらをクリック
宗教者九条の和」アピールにご賛同いただける方は、
 お申込をお願いします。 

 「宗教者九条の和」の活動を支えていただくため、
 ご支援をお願い申し上げます。

 振替口座:00140-1-260524「宗教者九条の和」

「九条の会」オフィシャルサイト http://www.9-jo.jp/

| TOP | | お知らせ | | 宗教者のみなさまへ | | 賛同メッセージ | | 呼びかけ人 | | お問合せ |
事務局 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町8-7 日本山妙法寺