宗教者九条の和
事務局 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町8-7 日本山妙法寺
| TOP | | お知らせ | | 宗教者のみなさまへ | | 賛同メッセージ | | 呼びかけ人 | | お問合せ |

お知らせ履歴・2024


 
 令和6年 6月度 宗教者ネット 集会案内  (2024.6.11)

『関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典運動の経緯と
 歴代都知事の対応について』

皆さま

6月20日は、東京都知事選挙公示日です。
関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典に歴代都知事は、追悼文を出していましたが、小池知事になつてから、追悼文が出さなくなつています。
関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典運動の経過と歴代都知事の対応について、日朝協会東京都連会長の宮川泰彦さんからお話をお伺いし、関東大晨災朝鮮人犠牲者追悼碑問題を深めていきたいと思います。
多くの方々のご参加をお願いいたします。

合掌

日時: 2024年 6月20日(木) 14:00~15:30
場所: 参議院議員会館 B108会議室
内容: ◎「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典運動の経過と歴代都知事の対応について」宮川泰彦さん(日朝協会東京都連会長)からお話をいただきます。◎各党国会議員の方々から連帯のご挨拶をいただきます。

主催: 平和をつくり出す宗教者ネット
協賛: 基地のない沖縄をめざす宗教者の集い

※ 『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する宗教者・市民共同声明』5次集約賛同者数を発表 いたします。引き続き、ご賛同をお願いします。⇒クリック


連絡先: 
TEL 090 6711 5573(江上)  FAX 03 3461 9367 
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

令和6年 6月度 宗教者ネット 集会案内
『関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典運動の経緯と 歴代都知事の対応について』
主催 平和をつくり出す宗教者ネット
6/20(木) 14:00~15:30
場所:参議院議員会館 B108会議室
◎「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典運動の経過と歴代都知事の対応について」宮川泰彦さん(日朝協会東京都連会長)からお話をいただきます。◎各党国会議員の方々から連帯のご挨拶をいただきます。◇『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する宗教者・市民共同声明』5次集約賛同者数の発表。
平和をつくり出す宗教者ネット
TEL 090 6711 5573(江上)  FAX 03 3461 9367
[意見交換会] ◎ 5/16(木) 14:00~15:30・『自衛隊幹部の神社集団参拝に抗議! 防衛省との意見交換会 』◎『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する宗教者・市民共同声明』4次集約賛同者数発表・於:参議院議員会館 B108会議室 ・平和をつくり出す宗教者ネット月例院内集会
※↑の画像クリックで PDF で開きます。


 
『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』
宗教者・市民共同声明へのご賛同のお願い

平和をつくり出す宗教者ネット

皆さま

令和6年2月14日(水)、『陸自幹部の靖国・宮古神社集団参拝に抗議する 2・14宗教者・市民集会 自衛隊は文民統制を壊すな!』での
平和をつくり出す宗教者ネット 月例院内集会の共同声明発表しました。

令和6年5月16日現在、
 団体賛同79団体、個人賛同445名です


さらに第6次集約を行いますので、拡散していただけるよう、お願いいたします。

合掌


   『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明へのご賛同のお願い(PDF) ⇒ クリック
   第3次集約 :FAXでもEメールでも可
        FAX 03 3461 9367  Eメール nqh10948@nifty.com


  『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明発表(PDF) ⇒ クリック

『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明発表(PDF)


  『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明へのご賛同のお願い(PDF) ⇒ クリック
   第3次集約 :FAXでもEメールでも可
        FAX 03 3461 9367  Eメール nqh10948@nifty.com



 『総理は訪沖前に遺骨土砂使用断念を表明せよ
  慰霊の日直前 6.18 政府(防衛省・内閣府)交渉』 のご案内

  (2024.5.22)
[集会案内] ◎6/18(火)14時~16時 マスコミフルオープン ・『慰霊の日直前6.18政府(防衛省・内閣府)交渉』-総理は訪沖前に遺骨土砂使用断念を表明せよ-・於:衆議院第1議員会館1階・多目的ホール ・皆さまのご参加を。合掌 主催 沖縄戦遺骨収集ボランティア・ガマフヤー
※↑の画像クリックで PDF で開きます。

『総理は訪沖前に遺骨土砂使用断念を表明せよ!慰霊の日直前6.18政府(防衛省・内閣府)交渉 (東京)』
主催 沖縄戦遺骨収集ボランテア・ガマフヤー
協賛 あつまれ辺野古@関東 / 〇平和をつくり出す宗教者ネット / 基地のない沖縄をめざす宗教者の集い / 日本山妙法寺 / 首都圏反基地交流会 / 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック / 沖縄の戦いに連帯する関東の会 / 日本カトリック正義と平和協議会 / 「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会 / 語やびら沖縄 もあい練馬 / 東京・地域ネットワーク / フォーラム平和・人権・環境 / 平和と民主主義をめざす全国交換会 / 憲法9条を壊すな!実行委員会 / 許すな!憲法改悪・市民連絡会
総理は戦没者遺骨を海に捨てながら手を合わせることができるのか!総理は訪沖前に遺骨土砂使用断念を表明せよ!
6/18(火) 14~16時 マスコミフルオープン
場所:衆議院第1議員会館1階・多目的ホール
[岸田総理への要請] 6月23日は沖縄戦戦没者の慰霊の日。岸田総理が訪沖して慰霊祭に参加する。岸田総理は既に収容された墓苑の遺骨に対しては哀悼の誠を捧げると手を手向けつつ未収容の遺骨に対しては、敵軍であった米軍の基地建設に土砂と共に海に捨てようとしている。これは戦没者に対する裏切りであり冒とくである。戦没者は沖縄戦では米軍に殺され、今は日本政府に再び殺されようとしている。戦没者遺骨とはDNA鑑定で家族の元へ帰る権利を持ち、国にとっては家族に帰す責任のある戦死者のことだ。法律「戦没者の遺骨収集の促進に関する法律」があるにもかかわらず、戦没者と遺族を冒涜するのが日本政府の辺野古埋立政策である。岸田総理は慰霊の日に沖縄に来るのであれば、辺野古の埋め立てに南部の土砂は使わないことを表明してから来るべきだ。戦没者遺骨を海に捨てながら手を合わせることができるのか。6月18日沖縄慰霊の日を前に東京・国会議員会館において、内閣府および防衛省と政府交渉を行う。すでに岸田総理に要請書を提出してあり6月18日は回答をせまる。回答によっては20日から仲間とともに沖縄で慰霊祭までハンストに入る決意です!断念を表明せず戦没者を冒涜するならば、沖縄には来ないでいただきたい。
  連絡先: 090-2062-5695(上田)
     沖縄戦遺骨収集ボランテア・ガマフヤー 事務局



 
 
 『 防衛省に南部土砂使用断念を求める沖縄県庁前 ハンスト 』
 (2024.6.7)

皆さま

遺骨の眠る南部土砂を辺野古埋め立てに使わせない活動を始めて4年になります。いま だ防衛省は南部土砂の使用を撤回していません。
奄美大島の土砂搬入も視野に入れているようですが、奄美の土砂量では少なすぎるう え、沖縄県の土砂条例の壁もあります。防衛省は南部土砂をまだあきらめていないようです。
今年も慰霊の日を迎えるにあたり、下記の計画を立てました。
大勢の皆さまのご参加を心からお願いします。

ガマフヤー支援者の会
具志堅隆松、谷 大二

ガマフヤーの具志堅隆松さんたちが、6月20日・21日・22日の3日間、沖縄県庁前広場で、防衛省に南部土砂使用断念を求めて、沖縄県庁前でハンストをつとめます。



防衛省に南部土砂使用断念を求める沖縄県庁前ハンスト
日程(1): 2024年 6月20日(木)~22日(土)
場   所: 沖縄県庁前広場
     6月20日(木) 10時にテント設営
     6月20日(金)~22日(土) 12時15分~13時30分
      断念を求める集会・戦没者への祈り・リレートーク
     6月22日(土) 17時テント撤収

日程(2): 6月23日(日) 10時30分~11時30分
場   所:シャトルバス停留所近く(式典会場方面)
       戦没者慰霊のための宗教者の祈り・仏教者、キリスト者による祈り
       具志堅隆松のメッセージ・月桃の歌
       ※8時~17時まで:戦没者遺族のDNA鑑定受付を行います。
その他:6月23日は総理の襲撃事件以降、警備が厳しくなっています。北駐車場も使えますが混雑しています。駐車場は沖縄県の用意する臨時駐車場を使ってシャトルバスを利用するのが 便利です。

『 防衛省に南部土砂使用断念を求める沖縄県庁前 ハンスト
ガマフヤー支援者の会 具志堅隆松・谷大二
6/20(木)22(土)
場所:沖縄県庁前広場
◎ガマフヤーの具志堅隆松さんたちが、6月20日・21日・22日の3日間、沖縄県庁前広場で、防衛省に南部土砂使用断念を求めて、沖縄県庁前でハンストをつとめます。
具志堅隆松・ガマフヤー支援者の会 谷大二



 
『陸自幹部の靖国・宮古神社集団参拝に抗議する
 2・14宗教者・市民集会
 自衛隊は文民統制を壊すな!』

平和をつくり出す宗教者ネット 月例院内集会

皆さま

2月14日(水)の共同声明発表集会は50人の参加で行うことができました。
賛同団体60団体、賛同者243名です。
さらに第2次集約を行いますので、拡散していただけるよう、お願いいたします。
合掌

  『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明発表(PDF) ⇒ クリック

『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明発表(PDF)


  第3次集約 『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明へのご賛同をお願い(PDF) ⇒ クリック
   第3次集約 :FAXでもEメールでも可
        FAX 03 3461 9367  Eメール nqh10948@nifty.com




=緊急オンライン署名行動=
オンライン署名『福島県は避難者に対する強制執行の申立てを撤回し、国際人権法に基づく人道的な措置を実行して下さい。』へのオンライン署名をお願いします。
(どなたでもオンライン署名できます)
        (2024.3.23)

みなさま

福島県→阿賀野市の大賀です。

原発避難者の住宅追い出しを許さない会より緊急オンライン署名のお願いです。

3月8日、原発事故で福島から避難し東京・江東区の国家公務員宿舎に住んでいる避難者宅にいきなり、東京地方裁判所の執行官6名が訪れ、「福島県が明渡しの強制執行の申立をしたから、(あなたは)1カ月以内に荷物をまとめて出ていくように。さもなければ強制執行する」と宣告していきました。
避難者は福島県から東京に母子避難した世帯ですが、福島県が2017年3月に住宅無償提供を打ち切った後も行き場を失って住み続けざるを得ない方です。2020年に福島県は追い出し裁判を起こし、現在は最高裁に上告手続き中です。その最中の出来事でした。避難者は非正規で働いており、「公営住宅(有償)なら何とか生活していける」と都営住宅入居を求めてきましたが、福島県は無理な民間賃貸住宅転居を押し付けるだけでした。
原発避難者は日本政府も認めた国際人権法上の「国内避難民」であり、居住権を有しています。一昨年秋、国連人権理事会から派遣され来日した特別報告者のダマリー氏は、この提訴を「賛成できない。避難者への人権侵害になりかねない」と異例のコメントを発し警鐘を鳴らしました。
国際人権法は「国内避難民」に明け渡しを求めるためには「代替措置の誠実な提供」を条件にしています。この国際標準に従って、福島県は、今すぐ強制執行の申立を取り下げて、自主避難者家族の現状を真摯にヒアリングして、どうしたら「代替措置の誠実な提供」が可能かを具体的に誠実に検討すべきです。皆さんの力で、“ストップ強制執行”の声を広めてください。

2024年3月15日

住宅追い出し訴訟弁護団 原発避難者の住宅追い出しを許さない会
連絡先: 小川 masa2616(@)jcom.zaq.ne.jp  ←(@)を半角文字 @ に変えてメールアドレスを御利用下さい。

 ◆オンライン署名方法:  オンライン署名は、こちらをクリック(change.org へ)⇒クリック
          ・ [今すぐ賛同] を!
 ◆オンライン署名のQRコード:
    ◎オンライン署名『福島県は避難者に対する強制執行の申立てを撤回し、国際人権法に基づく人道的な措置を実行して下さい。 

[緊急オンライン署名行動]
『福島県は避難者に対する強制執行の申立てを撤回し、国際人権法に基づく人道的な措置を実行して下さい』のオンライン署名お願い

呼びかけ:住宅追い出し訴訟弁護団 原発避難者の住宅追い出しを許さない会
[緊急オンライン署名行動] ◎『福島県は避難者に対する強制執行の申立てを撤回し、国際人権法に基づく人道的な措置を実行して下さい。』
◎どなたでもオンライン署名できます
住宅追い出し訴訟弁護団 原発避難者の住宅追い出しを許さない会
連絡先:小川 masa2616@jcom.zaq.ne.jp 
←(@)を半角文字 @ に。
[緊急オンライン署名行動] ◎オンライン署名『福島県は避難者に対する強制執行の申立てを撤回し、国際人権法に基づく人道的な措置を実行して下さい。』のオンライン署名お願い・呼びかけ:住宅追い出し訴訟弁護団 原発避難者の住宅追い出しを許さない会
 ※ 画像クリックで PDFで 開きます。




 [緊急行動]
 『次期戦闘機共同開発の調整機関設置条約採決に抗議!
  死の商人国家に堕落するな!緊急行動』
(2024.6.4)

皆様

[緊急行動] ◎ 6/5(水) 12時~12時30分・『次期戦闘機共同開発の調整機関設置条約採決に抗議!死の商人国家に堕落するな!緊急行動 』・ 於:参議院議員会館前前・STOP大軍拡アクション ・ふぇみん婦人民主クラブ・平和をつくり出す宗教者ネット・STOP改憲・北区の会 。
ご参加をお願いいたします。 。   合掌


日時:令和6年6月5日(水) 12:00 ~12:30

場所:参議院議員会館前
  
(地下鉄有楽町線「永田町駅」1番出口 徒歩約1分・丸ノ内線「国会議事堂前」1番出口 徒歩約5分)

  ※雨天決行。横断幕やプラカードなど持参歓迎。

  <呼びかけ>
 ・ STOP大軍拡アクション TEL 090-6185-4407
 ・ ふぇみん婦人民主クラブ TEL 03-3402-3244
 ・ STOP改憲・北区の会  TEL 090-1266-8645
 ・ 平和をつくり出す宗教者ネット TEL 090-1853-1446

[緊急行動]『次期戦闘機共同開発の調整機関設置条約採決に抗議!死の商人国家に堕落するな!緊急行動』
「次期戦闘機共同開発の調整機関設置条約採決に抗議!死の商人国家に堕落するな!」
6/5(水) 12:00 ~12:30
場所: 参議院議員会館前前
(地:「永田町駅」1番出口)
※プラカードなど持参歓迎。

呼びかけ:STOP大軍拡アクション / ふぇみん婦人民主クラブ / 平和をつくり出す宗教者ネット / STOP改憲・北区の会

連絡先: 090 6711 5573(江上) ・ファックス 03 3461 9367
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

以上


[緊急行動] ◎ 6/5(水) 12時~12時30分・『次期戦闘機共同開発の調整機関設置条約採決に抗議!死の商人国家に堕落するな!緊急行動  』・ 於:参議院議員会館前前・STOP大軍拡アクション ・ふぇみん婦人民主クラブ・平和をつくり出す宗教者ネット・STOP改憲・北区の会 詳細⇒クリック 

 
 『 企業・団体献金禁止はゆずれない
  自公は市民の声を聞け 緊急国会議員会館前集会』
      (2024.6.3)

皆さま

『 企業・団体献金禁止はゆずれない 自公は市民の声を聞け 緊急国会議員会館前集会 』戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会が呼びかける国会議員会館前集会です。
多くの方々のご参加をお願いいたします。
合掌


日時: 2024年 6月4日(火)12:00~
場所: 衆議院第2議員会館前
     (東京メトロ:永田町駅・溜池山王駅・国会議事堂前駅)
呼びかけ:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 / 9条改憲NO!全国市民アクション / 平和をつくり出す宗教者ネット

連絡先: 
TEL 090 1853 1446(武田)  FAX 03 3461 9367 
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

『 企業・団体献金禁止はゆずれない 自公は市民の声を聞け 緊急国会議員会館前集会会 』#theEND自民党政治 #0604議員会館前集会 #企業団体献金禁止
6/4(火) 12:00~
場所:衆議院第2議員会館前
(東京メトロ:永田町駅・溜池山王駅・国会議事堂前駅)
 呼びかけ:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 / 9条改憲NO!全国市民アクション / 平和をつくり出す宗教者ネット
[緊急集会] ◎6/4(火)12:00~『 企業・団体献金禁止はゆずれない 自公は市民の声を聞け 緊急国会議員会館前集会 』・場所:衆議院第2議員会館前。ぜひご参加を・呼びかけ:総がかり行動実行委員会
 


=緊急署名行動・6月3日必着=
◎『イスラエルのジェノサイドを止めるための請願署名』、◎『ガザ地区における停戦と人道支援を求める請願署名』、署名お願いと呼びかけ。
(どなたでも署名できます)
         (2024.5.25)

みなさま

「イスラエルのジェノサイドを止めるための請願署名」と「ガザ地区における停戦と人道支援を求める請願署名」が呼びかけられています。6月3日必着です。ご協力をお願いいたします。合掌

『イスラエルのジェノサイドを止めるための請願署名』


 ◆請願要旨
   私たちが伝えたいこと 私たち市民有志は、2023年10月以降、イスラエルがパレスチナのガザ地区で行っている大規模な 無差別虐殺行為に強い憤りと悲しみを覚えています。イスラエルはガザ地区で数多の国際人道法に違反 した攻撃を行っており、国際司法裁判所の暫定措置命令や国連安保理の停戦決議も無視して攻撃を行い 続けています。またこの間、ヨルダン川西岸地区でも、国際人道法違反の入植地を拡大し続け、軍や入 植者による殺害や司法手続きなしの行政拘禁で多数のパレスチナ人が犠牲になっています。日本政府は 平和を希求する国際社会の一員として、イスラエルに対して毅然とした態度をとり、このジェノサイド・ 民族浄化を止めるためのあらゆる手段をとるべきです。このために国会から政府へ以下の事項を要請す るよう求めます。

 ◆請願事項
  私たちの求めるもの
  1.イスラエルに対してガザ地区への攻撃を無条件かつ即時かつ恒久的に停止することを要請すること。
  2.イスラエルに対して以下①~③の制裁措置をとること。
   ①ジェノサイドや入植地建設を促進する恐れのあるイスラエルとの取引を禁止もしくは規制すること (特に武器(デュアルユース製品やメンテナンス・サービスを含む)や入植地産品の輸出入)。
   ②ジェノサイドや入植地建設を促進する恐れのあるイスラエルとの協定や覚書を破棄・中止を含めて 見直すこと(特に経済連携協定(EPA)、投資協定、防衛交流に関する覚書など)。
   ③国連憲章41条に基づいた制裁を含む無条件即時停戦決議を国連安保理に提案すること。
  3.アメリカ、ドイツ、G7各国に対して、イスラエルへの武器供与停止を要請すること。
  4.国際刑事裁判所(ICC)へパレスチナの事態を付託し、パレスチナの事態における国際犯罪人の早 期訴追を求めること

 ◆署名方法: 
  署名用紙(PDF)をダウンロード・印刷し、氏名・住所欄に署名後、
  郵送にてご送付下さい。
  ・ 署名用紙(PDF)をダウンロードは、こちらを⇒クリック
  ・ 署名用紙ご記入注意事項
    (1)署名は必ず自筆記入。
    (2)住所は番地、部屋番号まで記入。
    (3))「同上」や「〃」は無効です。
    (4))記入はボールペンかサインペン使用。

 ◆署名送付先:
   イスラエルのジェノサイドを許さない市民の会
   〒160-0022東京都新宿区新宿 4-1-22 新宿コムロBLD 702号室

 ◆送付締切:
   2024/6/3必着


 ◆連絡先:
   イスラエルのジェノサイドを許さない市民の会
   〒160-0022東京都新宿区新宿 4-1-22 新宿コムロBLD 702号室
   E-mail: stopisraelsgenocide@gmail.com (@ →小文字に)

『ガザ地区における停戦と人道支援を求める請願署名』


 ◆請願要旨
   私たち市民有志は、2023年10月7日以降のガザ地区における大規模な紛争によって、とりわ けパレスチナの社会が破壊され、尊い命が奪われていることに心を痛めています。これらの事態 を止めるため、また、現地で切実に必要とされる人道支援が行われるために以下の請願を提出し ます。

 ◆請願事項
  政府へ以下を要請すること。
  1.多くの民間人が密集するラファへの軍事攻撃を回避するよう強くイスラエルに求めること。
  2.人道的停戦の実現を関係諸国へ強く繰り返し働きかけること。
  3.国際機関等による支援物資の搬入が阻害や滞りなく行われるよう、関係諸国へ働きかけるこ と。
  4.ガザ地区からの病気や怪我等による重症患者の出国と近隣諸国の医療機関への受け入れがで きるよう、関係諸国へ働きかけること。また、日本の医療機関へも受け入れができるような環境 と体制を整えること。
  5.ガザ地区から出国を希望する人々が、人道的観点から出国が可能となるよう、関係諸国へ働 きかけること。また、日本への避難民受け入れが可能となるよう、環境と体制を整えること。

 ◆署名方法: 
  署名用紙(PDF)をダウンロード・印刷し、氏名・住所欄に署名後、
  郵送にてご送付下さい。
  ・ 署名用紙(PDF)をダウンロードは、こちらを⇒クリック
  ・ 署名用紙ご記入注意事項
    (1)署名は必ず自筆記入。
    (2)住所は番地、部屋番号まで記入。
    (3))「同上」や「〃」は無効です。
    (4))記入はボールペンかサインペン使用。

 ◆署名送付先:
   ガザ地区における停戦と人道支援を求める有志の会
   〒171-0022 東京都豊島区南池袋 3-13-9-306

 ◆送付締切:
   2024/6/3必着


 ◆連絡先:
   ガザ地区における停戦と人道支援を求める有志の会
   〒171-0022 東京都豊島区南池袋 3-13-9-306
   E-mail: ceasefirenow.gaza@gmail.com (@ →小文字に)

[緊急署名行動・6月3日必着]
『イスラエルのジェノサイドを止めるための請願署名』&『ガザ地区における停戦と人道支援を求める請願署名』署名お願い。
[緊急署名行動・6月3日必着] ◎『イスラエルのジェノサイドを止めるための請願署名』
◎こちらのQRコードから署名用紙ダウンロードして下さい。
◎どなたでもオンライン署名できます
イスラエルのジェノサイドを許さない市民の会
連絡先:stopisraelsgenocide@gmail.com 
←(@)を半角文字 @ に。
[緊急署名行動・6月3日必着] ◎『ガザ地区における停戦と人道支援を求める請願署名』
◎こちらのQRコードから署名用紙ダウンロードして下さい。
◎どなたでもオンライン署名できます
ガザ地区における停戦と人道支援を求める有志の会
連絡先:ceasefirenow.gaza@gmail.com 
←(@)を半角文字 @ に。

[緊急署名行動・6月3日必着] ◎『イスラエルのジェノサイドを止めるための請願署名』
[緊急署名行動・6月3日必着] ◎『イスラエルのジェノサイドを止めるための請願署名』、◎『ガザ地区における停戦と人道支援を求める請願署名』、署名お願いと呼びかけ。
 ※ 画像クリックで PDFで 開きます。

[緊急署名行動・6月3日必着] ◎『ガザ地区における停戦と人道支援を求める請願署名』
[緊急署名行動・6月3日必着] ◎『イスラエルのジェノサイドを止めるための請願署名』、◎『ガザ地区における停戦と人道支援を求める請願署名』、署名お願いと呼びかけ。
 ※ 画像クリックで PDFで 開きます。


 
 『 改憲条文案起草委員会設置を強行するな!
   5・30国会議員会館前集会 』
      (2024.5.24)

皆さま

「改憲条文案起草委員会設置を強行するな!」総がかり行動実行委員会が呼びかける国会議員会館前集会です。
多くの方々のご参加をお願いいたします。
合掌


日時: 2024年 5月30日(木)12:00~13:00
場所: 衆議院第2議員会館前
     (東京メトロ:永田町駅・溜池山王駅・国会議事堂前駅)
呼びかけ:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 / 9条改憲NO!全国市民アクション / 平和をつくり出す宗教者ネット

連絡先: 
TEL 090 1853 1446(武田)  FAX 03 3461 9367 
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

『 改憲条文案起草委員会設置を強行するな!5・30国会議員会館前集会 』#0530議員会館前集会 #憲法改悪を許さない
5/30(木) 12:00~13:00
場所:衆議院第2議員会館前
(東京メトロ:永田町駅・溜池山王駅・国会議事堂前駅)
 呼びかけ:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 / 9条改憲NO!全国市民アクション / 平和をつくり出す宗教者ネット
[集会案内] ◎5/30(木)12:00~13:00・『 改憲条文案起草委員会設置を強行するな!5・30国会議員会館前集会 』・場所:衆議院第2議員会館前。ぜひご参加を・呼びかけ:総がかり行動実行委員会

 
 『アメリカはジェノサイドに加担するな!ラファ侵攻を止めろ!5・23アメリカ大使館前行動』  (2024.5.22)

皆様

パレスチナのガザ地区南部ラファへのイスラエル軍の大規模な地上侵攻の危険が切迫しています。
10日の国連緊急特別会合で、パレスチナの国連加盟決議は日仏中ロを含む143カ国の賛成多数を得ましたが、米国は反対しました。米国による武器供与などのイスラエル支援はつづいています。ジエノサイドをつづけるネタニヤフの背後に米国の支援があるのは明らかです。

『アメリカはジェノサイドに加担するな!ラファ侵攻を止めろ!5・23アメリカ大使館前行動』にご参加ください。



日時:2024年5月23日(木) 18:00~19:00過ぎ
場所:住友不動産虎ノ門タワー(旧JTビル)前
呼びかけ:パレスチナに平和を!緊急行動(総がかり行動実行委員会ほか)
趣旨に賛同される方、どなたでも歓迎です。

連絡先: 総がかり行動実行委員会
 ・許すな!憲法改悪・市民連絡会 TEL 03‐3221-4668
 ・憲法9条を壊すな!実行委員会 TEL 03‐3221-4668

ご参加をお願いいたしま す。 合掌

5・23アメリカ大使館前 緊急行動
『 アメリカはジェノサイドに加担するな!ラファ侵攻を止めろ!5・23アメリカ大使館前行動』#FreePalestine #CEASEFIRE_NOW
呼びかけ:総がかり行動実行委員会 (許すな!憲法改悪・市民連絡会・憲法9条を壊すな!実行委員会)
パレスチナのガザ地区南部ラファへのイスラエル軍の大規模な地上侵攻の危険が切迫しています。世界の人々とともに 殺戮反対、即時停戦、平和を! 人びとを殺すなの声をあげ ましょう。一人一人の小さな市民ができることを!
5/23(木) 18:00~19:00過ぎ
場所:住友不動産虎ノ門タワー
(旧JTビル)
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目2-1(最寄り駅 地下鉄 虎ノ門駅)
◎プラカードはできるだけ各自で自分の思いを書いたものを。
連絡先:総がかり行動実行委員会 憲法9条を壊すな!実行委員会
パレスチナに平和を!緊急行動 TEL 03‐3221-4668



 『殺すな! パレスチナの市民のいのちを救おう!
   岸田大軍拡反対!・武器輸出反対! 』

  渋谷ハチ公前第21回毎週連続祈念行動
 (2024.5.17)

  今、この瞬間においてもガザ地区に住むすべての市民の命が奪われようとしています。ユダヤ教徒もイスラム教徒もキリスト教徒も仏教徒も「殺すな!」の教えのもと、すべての宗教者は、大同団結し、ガザ地区の市民の命を救うため、また、岸田内閣の大軍拡反対・武器輸出反対のため、祈り行動しなければなりません。
  皆様のご参加をお待ちしています。

5/21(火) 16:00~17:00 [場所:渋谷・ハチ公前]

※ 都合により場所を近くに移動する場合があります。
※ プラカード・のぼり・横断幕をご持参ください。
   目に見えるかたちで訴えてまいります。

呼びかけ: 平和をつくり出す宗教者ネット
       日本カトリック正義と平和協議会
       平和を実現するキリスト者ネット
       基地のない沖縄をめざす宗教者の集い


武力で平和はつくれない!
大軍拡に反対する
渋谷ハチ公前第21回連続祈念行動
呼びかけ:平和をつくり出す宗教者ネット
「殺すな!パレスチナの市民のいのちを救おう! 岸田大軍拡反対!武器輸出反対! 」
5/21(火) 16:00~17:00
場所: 渋谷・ハチ公前(交番前付近)
※都合により場所を近くに移動する場合があります。※プラカード・のぼり・横断幕をご持参ください。目に見えるかたちで訴えてまいります。
呼びかけ:平和をつくり出す宗教者ネット / 日本カトリック正義と平和協議会 / 平和を実現するキリスト者ネット / 基地のない沖縄をめざす宗教者の集い
連絡先: 090 6711 5573(江上)平和をつくり出す宗教者ネット事務局

連絡先: 090 6711 5573(江上) ・ファックス 03 3461 9367
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

以上


[行動案内] ◎ 5/21(火)16時~17時・渋谷ハチ公前 第21回連続祈念行動彡『殺すな! パレスチナの市民のいのちを救おう! #岸田大軍拡反対!・#武器輸出反対! 』・皆さまのご参加を。合掌 於:渋谷ハチ公前広場前
※画像クリックで、PDFで ご覧頂けます。 


 
 令和6年 5月度 宗教者ネット 防衛省との意見交換会  (2024.5.10)

『自衛隊幹部の神社集団参拝に抗議!
 防衛省との意見交換会』

皆さま

宗教者ネットは、2024年2月14日、「陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する宗教者・市民共同声明」を発表し、今日までその賛同を呼びかけてきました。しかし自衛隊と靖国神社との繋がりはこれにとどまらず、4月には宗教法人靖国神社の宮司に元海上自衛隊の海将が就任し、また、すでに昨年、靖国神社崇敬者総代に元陸将が入るなど、これらの動きを見過ごすことは、到底できません。
このような状況を防衛省はどのように認識しているのか、防衛省の職員と直接意見交換を行って、防衛省の考え方を聞くとともに、宗教者・市民からの意見を直接伝える機会をつくりました。限られた時間ではありますが、私たちの意見を伝えたいと思います。
多くの方々のご参加をお願いいたします。

合掌

日時: 2024年 5月16日(水) 14:00~15:30
場所: 参議院議員会館 B108会議室
内容: ◎防衛省の職員と意見交換(参加者からの質問・意見。参加団体からの発言)。◎各党国会議員の方々から連帯のご挨拶をいただきます。

主催: 平和をつくり出す宗教者ネット
協賛: 基地のない沖縄をめざす宗教者の集い

※ 『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する宗教者・市民共同声明』4次集約賛同者数を発表 いたします。

連絡先: 
TEL 090 6711 5573(江上)  FAX 03 3461 9367 
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

令和6年 5月度 宗教者ネット 防衛省との意見交換会 案内
『自衛隊幹部の神社集団参拝に抗議! 防衛省との意見交換会』
主催 平和をつくり出す宗教者ネット 共催 基地のない沖縄をめざす宗教者の集い
5/16(木) 14:00~15:30
場所:議院議員会館 B108会議室
◎◎防衛省の職員と意見交換(参加者からの質問・意見。参加団体からの発言)。◎各党国会議員の方々から連帯のご挨拶をいただきます。◇『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する宗教者・市民共同声明』4次集約賛同者数の発表。
平和をつくり出す宗教者ネット
TEL 090 6711 5573(江上)  FAX 03 3461 9367
[意見交換会] ◎ 5/16(木) 14:00~15:30・『自衛隊幹部の神社集団参拝に抗議! 防衛省との意見交換会 』◎『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する宗教者・市民共同声明』4次集約賛同者数発表・於:参議院議員会館 B108会議室 ・平和をつくり出す宗教者ネット月例院内集会
※↑の画像クリックで PDF で開きます。


 [緊急行動]
 『憲法守れ!死の商人国家に堕落するな!緊急行動』
(2024.5.13)

皆様

岸田政権は自公12人の密室協議を経て、日英伊で共同開発する次期戦闘機の完成時に第3国輸出も認めるとの閣議決定を3月26日に行いました。
国会での議論や主権者を無視しての、国是であった「武器輸出を慎む国」「国際紛争を助長しない国」からの大転換の強行です。これに基づき、「グローバル戦闘プログラム(GCAP)政府間機関の設立に関する条約」の承認案が、5月8日の衆議院外務委員会で審議入りし、わずか2日後の5月10日には委員会採決。この5月14日(火)の13時からの衆議院本会議で採決されるとのことです。
昨年7月以来「死の商人国家反対・憲法守れ」と声をあげてきた4団体で12時半から集会、13時の採決時には座り込み抗議を予定しています。かつて英伊などが共同開発した戦闘機ユーロファイターがサウジアラビアに輸出され、イエメンへの無差別空爆に使用されました。共同開発そのものを抜本的に見直すべきです。
3月16、17日の朝日の世論調査では反対が45%で賛成の40%を上回っており、主権者の同意は得られていません

ご参加をお願いいたします。 。   合掌


日時:令和6年5月14日(火) 12:30 ~13:30

場所:衆議院第2議員会館前

  ※雨天決行。横断幕やプラカードなど持参歓迎。

  <呼びかけ>
 ・ STOP大軍拡アクション TEL 090-6185-4407
 ・ ふぇみん婦人民主クラブ TEL 03-3402-3244
 ・ STOP改憲・北区の会  TEL 090-1266-8645
 ・ 平和をつくり出す宗教者ネット TEL 090-1853-1446

[緊急行動]『次期戦闘機共同開発の調整機関設置条約採決に抗議!死の商人国家に堕落するな!緊急行動 』
「次期戦闘機共同開発の調整機関設置条約採決に抗議!死の商人国家に堕落するな!」
5/14(火) 12:30 ~13:30
場所: 衆議院第2議員会館前

※プラカードなど持参歓迎。

呼びかけ:STOP大軍拡アクション / ふぇみん婦人民主クラブ / 平和をつくり出す宗教者ネット / STOP改憲・北区の会

連絡先: 090 6711 5573(江上) ・ファックス 03 3461 9367
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

以上


[緊急行動] ◎ 5/14(火) 12時半~13時半・『次期戦闘機共同開発の調整機関設置条約採決に抗議!死の商人国家に堕落するな!緊急行動  』・ 於:衆議院第2議員会館前・STOP大軍拡アクション ・ふぇみん婦人民主クラブ・平和をつくり出す宗教者ネット・STOP改憲・北区の会 詳細⇒クリック 


 [緊急行動]
 『憲法守れ!死の商人国家に堕落するな!緊急行動』
(2024.4.9)

皆様

この間、宗教者ネットでは、市民の方々とご一緒に、与党の密室協議に対する抗議行動や公明党への要請行動などを続けてきましたが、3月26日午前、官邸前で抗議の声を上げる中、岸田内閣は、次期戦闘機の第三国への輸出を閣議決定しました。
閣議決定はされましたが、今後とも市民の皆様と共同して、「死の商人国家に堕落するな!」「武力で平和はつくれない」の声を上げつづけてまいります。
ご参加をお願いいたします。 。   合掌


日時:令和6年4月18日(木) 14:00 ~15:00

場所:衆議院第2議員会館前路上

  ◎各党国会議員の方々から連帯のご挨拶をいただきます。
  ◎各団体・グループからのリレートーク。
  
   ☆『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する
     宗教者・市民共同声明』3次集約賛同者数を発表いたします。

  ※雨天決行。横断幕やプラカードなど持参歓迎。

 主催: 平和をつくり出す宗教者ネット
 協賛: STOP大軍拡アクション / STOP改憲・北区の会 / ふぇみん婦人民主クラブ

[緊急行動]『憲法守れ!死の商人国家に堕落するな!』
「死の商人国家」に突き進む岸田政権の暴挙に断固抗議!
「死の商人国家に堕落するな!」「武力で平和はつくれない」
4/18(木) 14:00 ~15:00
場所: 衆議院第2議員会館前路上

◎各党国会議員の方々から連帯のご挨拶をいただきます。◎各団体・グループからのリレートーク ☆『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する宗教者・市民共同声明』3次集約賛同者数発表。
※プラカードなど持参歓迎。

主催:平和をつくり出す宗教者ネット 協賛:STOP大軍拡アクション / STOP改憲・北区の会 / ふぇみん婦人民主クラブ

連絡先: 090 6711 5573(江上) ・ファックス 03 3461 9367
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

以上


[緊急行動] ◎ 4/18(木) 14時~15時・『憲法守れ!死の商人国家に堕落するな!緊急行動 』・ 於:衆議院第2議員会館前路上・『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する宗教者・市民共同声明』3次集約賛同者数発表。・平和をつくり出す宗教者ネット会


 『殺すな! パレスチナの市民のいのちを救おう!
   岸田大軍拡反対!・武器輸出反対! 』

  渋谷ハチ公前第20回毎週連続祈念行動
 (2024.4.7)

  今、この瞬間においてもガザ地区に住むすべての市民の命が奪われようとしています。ユダヤ教徒もイスラム教徒もキリスト教徒も仏教徒も「殺すな!」の教えのもと、すべての宗教者は、大同団結し、ガザ地区の市民の命を救うため、また、岸田内閣の大軍拡反対・武器輸出反対のため、祈り行動しなければなりません。 皆様のご参加をお待ちしています。

4/10(水) 16:00~17:00 [場所:渋谷・ハチ公前]

※ 都合により場所を近くに移動する場合があります。
※ プラカード・のぼり・横断幕をご持参ください。
   目に見えるかたちで訴えてまいります。

呼びかけ: 平和をつくり出す宗教者ネット
       日本カトリック正義と平和協議会
       平和を実現するキリスト者ネット
       基地のない沖縄をめざす宗教者の集い


武力で平和はつくれない!
大軍拡に反対する
渋谷ハチ公前第20回連続祈念行動
呼びかけ:平和をつくり出す宗教者ネット
「殺すな!パレスチナの市民のいのちを救おう! 岸田大軍拡反対!武器輸出反対! 」
4/10(水) 16:00~17:00
場所: 渋谷・ハチ公前(交番前付近)
※都合により場所を近くに移動する場合があります。※プラカード・のぼり・横断幕をご持参ください。目に見えるかたちで訴えてまいります。
呼びかけ:平和をつくり出す宗教者ネット / 日本カトリック正義と平和協議会 / 平和を実現するキリスト者ネット / 基地のない沖縄をめざす宗教者の集い
連絡先: 090 6711 5573(江上)平和をつくり出す宗教者ネット事務局

連絡先: 090 6711 5573(江上) ・ファックス 03 3461 9367
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

以上


[行動案内] ◎ 4/10(水)16時~17時・渋谷ハチ公前 第20回連続祈念行動彡『殺すな! パレスチナの市民のいのちを救おう! 岸田大軍拡反対!・武器輸出反対! 』・皆さまのご参加を。合掌 於:渋谷ハチ公前広場前
※画像クリックで、PDFで ご覧頂けます。 


 
 3・30パレスチナ土地の日アクション
 『新宿円周ラッピングデモ』
       (2024.3.22)

皆さま

3月30日は、パレスチナ「土地の日」です。世界同時行動日です。
東京では、「新宿円周ラッピングアクション」を行います。「平和をつくり出す宗教者ネット」は東南口を担当します。お誘い合わせのうえ、東南口にお集まりください。
多くの方々のご参加をお願いいたします。
合掌


日時: 2024年 3月30日(土) 14:00~16:00
場所: 新宿駅周辺
     (JR新宿駅アルタ前・東南口・南口・西口 15:30~ 南口)
内容: 
[14:00~15:00] JR新宿駅 アルタ前・東南口・南口・西口。
           新宿駅をみんなで囲むスタンディング。
[15:30~16:00] 新宿駅 南口に集合し、集約大規模集会。
           南口をメイン拠点、東南口、東口、西口にポイント設置。
 ◎ポイントと繋がるように市民がスタンディング、新宿をラッピングします。
 
「平和をつくり出す宗教者ネット」は東南口へご参集を!

呼びかけ:パレスチナに平和を!緊急行動・総がかり行動 市民アクション・平和をつくり出す宗教者ネット

連絡先: 
TEL 090 1853 1446(武田)  FAX 03 3461 9367 
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

3・30 パレスチナ「土地の日」『新宿円周ラッピングアクション』
3/30(土) 14:00~16:00
場所:新宿駅周辺(JR新宿駅アルタ前・東南口・南口・西口 15:30~ 南口)
[14:00~15:00} JR新宿駅アルタ前・東南口・南口・西口。 新宿駅をみんなで囲むスタンディング。[15:30~16:00] 新宿駅 南口に集合、集約大規模集会。南口をメイン拠点に、東南口、東口、西口にポイント設置。◎ポイントと繋がるように市民がスタンディング、新宿をラッピング。◎「平和をつくり出す宗教者ネット」は東南口へ参集を!
 呼びかけ:パレスチナに平和を!緊急行動・総がかり行動 市民アクション・平和をつくり出す宗教者ネット
[全国一斉行動] ◎ 3/30(土)14時~ JR新宿駅アルタ前・東南口・南口・西口集合『新宿円周ラッピングアクション』&『3・30 パレスチナ「土地の日』 於:「平和をつくり出す宗教者ネット」は東南口へご参集を!

[全国一斉行動] ◎ 3/30(土)14時~ JR新宿駅アルタ前・東南口・南口・西口集合『新宿円周ラッピングアクション』&『3・30 パレスチナ「土地の日』 於:「平和をつくり出す宗教者ネット」は東南口へご参集を!



 殺すな!パレスチナの市民のいのちを救おう!
  岸田大軍拡反対!
  渋谷ハチ公前第19回毎週連続祈念行動
 (2024.3.24)

  今、この瞬間においてもガザ地区に住むすべての市民の命が奪われようとしています。ユダヤ教徒もイスラム教徒もキリスト教徒も仏教徒も「殺すな!」の教えのもと、すべての宗教者は、大同団結し、ガザ地区の市民の命を救うため、祈り行動しなければなりません。 皆様のご参加をお待ちしています。

2/26(火) 16:00~17:00 [場所:渋谷・ハチ公前]

※ 都合により場所を近くに移動する場合があります。
※ プラカード・のぼり・横断幕をご持参ください。
   目に見えるかたちで訴えてまいります。

呼びかけ: 平和をつくり出す宗教者ネット
      日本カトリック正義と平和協議会
      平和を実現するキリスト者ネット
      基地のない沖縄をめざす宗教者の集い


武力で平和はつくれない!
大軍拡に反対する
渋谷ハチ公前第19回連続祈念行動
呼びかけ:平和をつくり出す宗教者ネット
「殺すな!パレスチナの市民のいのちを救おう! 岸田大軍拡反対!」
3/26(火) 16:00~17:00
場所: 渋谷・ハチ公前(交番前付近)
※都合により場所を近くに移動する場合があります。※プラカード・のぼり・横断幕をご持参ください。目に見えるかたちで訴えてまいります。
呼びかけ:平和をつくり出す宗教者ネット / 日本カトリック正義と平和協議会 / 平和を実現するキリスト者ネット / 基地のない沖縄をめざす宗教者の集い
連絡先: 090 6711 5573(江上)平和をつくり出す宗教者ネット事務局

連絡先: 090 6711 5573(江上) ・ファックス 03 3461 9367
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

以上


[行動案内] ◎ 3/26(火)16時~17時・渋谷ハチ公前 第19回連続祈念行動彡『殺すな! パレスチナの市民のいのちを救おう! 岸田大軍拡反対!』・皆さまのご参加を。合掌 於:渋谷ハチ公前広場前
※画像クリックで、PDFで ご覧頂けます。 



 [緊急行動]
 『次期戦闘機第三国輸出の閣議決定にNO! 3.26官邸前緊急行動 』 「死の商人国家」に突き進む岸田政権の暴挙に断固抗議!
(2024.3.24)

皆様

緊急です。以下の行動を呼びかけます。
ご参加をお願いいたします。 合掌


『次期戦闘機第三国輸出の閣議決定にNO! 3.26官邸前緊急行動 』
~「死の商人国家」に突き進む岸田政権の暴挙に断固抗議します!〜


裏金まみれの岸田政権は、3月26日に次期戦闘機の第三国輸出の解禁を閣議 などで決定しようとしています。公明党が容認した「歯止め」には、ことごと く実効性がなく、メイドインジャパンの武器が他国の人々を殺傷することにつ ながります。 そもそも、わずか12人の与党議員の密室協議によって国是を覆すことはあり 得ません。これを許せば、「儲かれば、人が殺されようが構わない」という 「死の商人国家」への堕落が始まります。それは「二度と加害者にならない」 という憲法9条の理念を葬り去るものに他なりません。 主権者として、虐殺加担につながる閣議決定に抗議の声を上げます。
ぜひご 参加、ご取材ください。   合掌


日時:令和6年3月26日(火) 12時 ~12時30分

場所:首相官邸前(国会議事堂前駅)

 ※雨天決行。横断幕やプラカードなど持参歓迎。


<呼びかけ>
 ・ STOP大軍拡アクション TEL 090-6185-4407
 ・ STOP改憲・北区の会  TEL 090-1266-8645
 ・ ふぇみん婦人民主クラブ TEL 03-3402-3244
 ・ 平和をつくり出す宗教者ネット TEL 090-1853-1446

[緊急行動]『次期戦闘機第三国輸出の閣議決定にNO! 3.26官邸前緊急行動』
「死の商人国家」に突き進む岸田政権の暴挙に断固抗議!
3/26(火) 12:00 ~12:30
場所: 首相官邸前(国会議事堂前駅)

※プラカードなど持参歓迎。

 呼びかけ:STOP大軍拡アクション / STOP改憲・北区の会 / ふぇみん婦人民主クラブ / 平和をつくり出す宗教者ネット

連絡先: 090 6711 5573(江上) ・ファックス 03 3461 9367
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

以上


[緊急行動] ◎ 3/26(火)12時~12時30分 『次期戦闘機第三国輸出の閣議決定にNO! 3.26官邸前緊急行動 』「死の商人国家」に突き進む岸田政権の暴挙に断固抗議! 於:首相官邸前(国会議事堂前駅)

 
 令和6年 3月度 宗教者ネット 月例院内集会  (2024.2.29)

『群馬・「記憶 反省 そして友好」の追悼碑 強制撤去の暴挙に抗議する! 県知事の行政代執行の背景とその社会的影響・今後の課題』

平和をつくり出す宗教者ネット 月例院内集会

皆さま

「過去を忘れることなく、未来を見つめ、新しい相互の理解と友好を深めていきたいと考え、ここに労務動員による朝鮮人犠牲者 を心から追悼するためにこの碑を建立する」(碑文より)

本年1月29日、群馬県の県立公園群馬の森に市民団体によって建立された、戦時中の朝鮮半島出身労働者の物故者追悼の碑を、公有地に不適格の建造物として県は撤去した。この処分がどのような意味をもつのかを、現地の「追悼碑を守る会」の担当者から 直接お聞きし、この問題の認識を深め、行動の決意を固めていきたいと思います。
多くの方々のご参加をお願いいたします。

合掌

日時: 2024年 3月13日(水) 14:00~15:30
場所: 衆議院第1議員会館 第8面談室
内容: ◎『群馬・「記憶 反省 そして友好」の追悼碑強制撤去の暴挙に抗議する宗教者共同声明』を発表いた します。
◎群馬の森追悼碑を守る会事務局次長 石田正人さん 群馬諸宗教者の集い・代表 小野文珖さん の2人にお話をしていただきます。
◎各党国会議員の方々から連帯のご挨拶をいただきます。

主催: 平和をつくり出す宗教者ネット
協賛: 群馬の森追悼碑を守る会

※ 『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する宗教者・市民共同声明』2次集約賛同者数を発表 いたします。
※ コロナ対策を万全にしてお集まりください

連絡先: 
TEL 090 1853 1446(武田)  FAX 03 3461 9367 
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

令和6年 3月度 宗教者ネット月例院内集会 案内
『群馬・「記憶 反省 そして友好」の追悼碑 強制撤去の暴挙に抗議する! 県知事の行政代執行の背景とその社会的影響・今後の課題 3・13宗教者・市民集会』
主催 平和をつくり出す宗教者ネット 協賛 群馬の森追悼碑を守る会
3/13(水) 14:00~15:30
場所:衆議院第1議員会館 第8面談室
◎『群馬・「記憶 反省 そして友好」の追悼碑強制撤去の暴挙に抗議する宗教者共同声明』を発表いた します。 ◎群馬の森追悼碑を守る会事務局次長 石田正人さん 群馬諸宗教者の集い・代表 小野文珖さん の2人にお話をしていただきます。 ◎各党国会議員の方々から連帯のご挨拶をいただきます。◇『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する宗教者・市民共同声明』2次集約賛同者数の発表。
平和をつくり出す宗教者ネット
TEL 090 6711 5573(江上)  FAX 03 3461 9367
陸自幹部の靖国・宮古神社集団参拝に抗議する 2・14宗教者・市民集会 自衛隊は文民統制を壊すな!。 於:衆議院第2議員会館 国際会議室・平和をつくり出す宗教者ネットの月例院内集会
※↑の画像クリックで PDF で開きます。



 『3.7党本部申し入れ行動
  公明党は次期戦闘機の第三国輸出に最後まで反対を!』
 (2024.3.6)

 &『緊急FAX送信行動のお願い!』

皆様

緊急ですが、以下の行動を呼びかけます。
ご参加並びにFAX送信をお願いいたします。 合掌

「次期戦闘機の第三国輸出に最後まで反対を貫いてください」の声を大至急 届けてください↓

 ・ 高木陽介政調会長 FAX 03-5251-3685
 ・ 山口那津男代表   FAX 03-6551-0806
 ・ 石井啓一幹事長   FAX 03-3508-3229



『3.7党本部申し入れ行動・公明党は次期戦闘機の第三国輸出に最後まで反対を!』

次期戦闘機の第三国輸出に関して、ついに公明党が幕引きモードに入りました。
3月5日の参議院予算委員会での岸田首相の答弁を、山口公明党代表が「かなり丁寧に答弁された」と評価したのです。今まで何回となく繰り返されてきた光景が またしても再現されつつあります。
岸田首相の「戦闘機の輸出は国益」との答弁は、「日本製の武器で他国の人々 が殺されても、日本の軍需企業の儲けを優先する」との姿勢を明言したものであ り、「死の商人国家」宣言に他なりません。公明党がこれを容認すれば、「平和 の党」を自らの手で終わらせることになるでしょう。
緊急です、公明党本部を訪れ、「妥協するな」「堕落するな」と声をぶつけ たいと思います。
ぜひ皆様のご参加をお願いいたします。   合掌


日時:令和6年3月7日(木) 14時集合 ~14時45分
  14時: JR信濃町駅改札外集合
  14時15分~14時45分:公明党本部前でアピールし、要請書提出。

場所:JR信濃町駅改札外集合~公明党本部前

 ※横断幕やプラカードを掲げ、スピーチやコールなどでアピールします。

 ・ 「次期戦闘機の輸出解禁、公明が態度軟化 山口氏が首相答弁を評価」 (3月5日、朝日デジタル)   
 ⇒ https://www.asahi.com/articles/ASS356RY1S35UTFK009.html

 ・ 岸田首相、次期戦闘機を輸出できないと「防衛に支障」と主張  直接輸出は「国益」とも…公明党は慎重姿勢(3月6日、東京)
 ⇒  https://www.tokyo-np.co.jp/article/313322

<呼びかけ>
 ・ STOP大軍拡アクション TEL 090-6185-4407
 ・ STOP改憲・北区の会  TEL 090-1266-8645
 ・ ふぇみん婦人民主クラブ TEL 03-3402-3244
 ・ 平和をつくり出す宗教者ネット TEL 090-1853-1446

『3.7 公明党党本部申入れ行動・公明党は次期戦闘機の第三国輸出に最後まで反対を!』
  呼びかけ:STOP大軍拡アクション / STOP改憲・北区の会 / ふぇみん婦人民主クラブ / 平和をつくり出す宗教者ネット
公明党は次期戦闘機の第三国輸出に最後まで反対を!公明党は「妥協するな」!「堕落するな」!
3/7(木) 14:00集合 ~14:45
場所: JR信濃町駅改札外集合(14:00) 公明党本部前(14:15~14:45)

※公明党本部前でアピール・要請書提出 ※プラカードなど持参歓迎。

 呼びかけ:STOP大軍拡アクション / STOP改憲・北区の会 / ふぇみん婦人民主クラブ / 平和をつくり出す宗教者ネット

連絡先: 090 6711 5573(江上) ・ファックス 03 3461 9367
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

以上





=賛同のお願い・第2次集約=
『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』
宗教者・市民共同声明への賛同をお願いします。
(どなたでも賛同できます)
        
(2024.2.15)

みなさま

2月14日(水)の共同声明発表集会は50人の参加で行うことができました。
賛同団体60団体、賛同者243名です。
さらに第2次集約を行いますので、拡散していただけるよう、お願いいたします。
合掌


  「陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する」宗教者・市民共同声明へのご賛同は、どなたでも賛同できます。

 ◆賛同方法: 所定用紙(PDF)「ご賛同のお願い」を 印刷して、必要事項ご記入の上、FAXまたはEメールにてお送り下さい。
   ・所定用紙(PDF)「ご賛同のお願い」は。こちらを⇒クリック
 ◆賛同送付宛先: FAX 03 3461 9367  Eメール nqh10948@nifty.com
 ◆締切り: 2024年3月11日(月)必着
 ◆その他: どなたでも賛同できます。
 

  『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明発表(PDF) ⇒ クリック

  第2次集約 『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明へのご賛同をお願い(PDF) ⇒ クリック
   締切り:第2次集約 2024年3月11日(月)必着(FAXでもEメールでも可)
        FAX 03 3461 9367  Eメール nqh10948@nifty.com

第2次集約『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明へのご賛同のお願い
(2024.2.15)

呼びかけ:平和をつくり出す宗教者ネット
第2次集約『陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明へのご賛同のお願い
◎どなたでも賛同できます◎締切:2024/3/11(月)必着 ◎FAXでもEメールでも可。
⇐「共同声明文と賛同用紙紹介ページ」QRコード
  平和をつくり出す宗教者ネット
 TEL 090 6711 5573(江上)  FAX 03 3461 9367
 
 


[終了イベント]
 殺すな!パレスチナの市民のいのちを救おう!
  岸田大軍拡反対!
  渋谷ハチ公前第18回毎週連続祈念行動
 (2024.2.26)

  今、この瞬間においてもガザ地区に住むすべての市民の命が奪われようとしています。ユダヤ教徒もイスラム教徒もキリスト教徒も仏教徒も「殺すな!」の教えのもと、すべての宗教者は、大同団結し、ガザ地区の市民の命を救うため、祈り行動しなければなりません。 皆様のご参加をお待ちしています。

2/27(火) 16:00~17:00 [場所:渋谷・ハチ公前]

※ 都合により場所を近くに移動する場合があります。
※ プラカード・のぼり・横断幕をご持参ください。
   目に見えるかたちで訴えてまいります。

呼びかけ: 平和をつくり出す宗教者ネット
      日本カトリック正義と平和協議会
      平和を実現するキリスト者ネット
      基地のない沖縄をめざす宗教者の集い


武力で平和はつくれない!
大軍拡に反対する
渋谷ハチ公前第18回連続祈念行動
呼びかけ:平和をつくり出す宗教者ネット
「殺すな!パレスチナの市民のいのちを救おう! 岸田大軍拡反対!」
2/27(火) 16:00~17:00
場所: 渋谷・ハチ公前(交番前付近)
※都合により場所を近くに移動する場合があります。※プラカード・のぼり・横断幕をご持参ください。目に見えるかたちで訴えてまいります。
呼びかけ:平和をつくり出す宗教者ネット / 日本カトリック正義と平和協議会 / 平和を実現するキリスト者ネット / 基地のない沖縄をめざす宗教者の集い
連絡先: 090 6711 5573(江上)平和をつくり出す宗教者ネット事務局

連絡先: 090 6711 5573(江上) ・ファックス 03 3461 9367
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

以上


[行動案内] ◎ 2/27(火)16時~17時・渋谷ハチ公前 第18回連続祈念行動彡『殺すな! パレスチナの市民のいのちを救おう! 岸田大軍拡反対!』・皆さまのご参加を。合掌 於:渋谷ハチ公前広場前
※画像クリックで、PDFで ご覧頂けます。 


 

 令和6年 2月度 宗教者ネット 月例院内集会  (2024.2.15)
[終了イベント]
『陸自幹部の靖国・宮古神社集団参拝に抗議する
 2・14宗教者・市民集会
 自衛隊は文民統制を壊すな!』

平和をつくり出す宗教者ネット 月例院内集会

皆さま

2月14日(水)の共同声明発表集会は50人の参加で行うことができました。
賛同団体60団体、賛同者243名です。
さらに第2次集約を行いますので、拡散していただけるよう、お願いいたします。
合掌

  『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明発表(PDF) ⇒ クリック

『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明発表(PDF)


  第2次集約 『 陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する』宗教者・市民共同声明へのご賛同をお願い(PDF) ⇒ クリック
   締切り:第2次集約 2024年3月11日(月)必着(FAXでもEメールでも可)
        FAX 03 3461 9367  Eメール nqh10948@nifty.com

-------------------
皆さま

今年1月10日、沖縄陸上自衛隊宮古島駐屯地トップ・比嘉隼人司令と幹部隊員約20名が制服着用し、公用車を使って、宮古島市内の宮古神社に集団参拝したことが明らかになりました。これに先立つ前日の1月9日、陸自ナンバー2の小林弘樹陸上自衛隊幕僚副長らの陸自幹部の靖国神社集団参拝が行われました。これら陸自幹部の神社参拝は、戦前・戦中の「軍部の独走・暴走」を想起 させるものであって、決して黙過できるものではありません。私たちは、2月14日に沖縄・宮古島の市民・宗教者の皆様と協力して、陸自幹部の神社集団参拝に抗議する集会をつとめます。

「自衛隊は文民統制を壊すな!」「自衛隊は能登半島大地震救援に専念しろ!」の声を一緒にあげてまいりましょう。

戦争は災害の後にやって来ます。今こそ警鐘を鳴らし続け、憲法の平和主義の精神を守り、日本の再軍国化を阻止してまいりましょ う。

多くの方々のご参加をお願いいたします。

合掌

 ◎「陸自幹部の靖国・宮古神社の集団参拝に抗議する」宗教者・市民共同声明へのご賛同をお願いいたします。どなたでも賛同できます。詳細⇒クリック

 ◎「念仏者九条の会」の抗議文『陸上自衛隊による靖国神社への集団参拝に抗議し、 厳正に処分することを求めます』
(2024/1/23) PDF 詳細⇒クリック

 ※前回掲載訂正(誤:衆議院第2議員会館 ⇒ 正:衆議院第1議員会館)

日時: 2024年 2月14日(水) 14:00~15:30
場所: 衆議院第1議員会館 国際会議室
内容: ◎宗教者・市民共同声明を発表いたします。 ◎各党国会議員の方々から連帯のご挨拶をいただきます。 ◎宗教者・市民から発言をいただきます。
主催: 平和をつくり出す宗教者ネット / 基地のない沖縄をめざす宗教者の集い
共催: ミサイル基地はいらない宮古島住民連絡会

※ コロナ対策を万全にしてお集まりください

連絡先: 
TEL 090 1853 1446(武田)  FAX 03 3461 9367 
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

令和6年 2月度 宗教者ネット月例院内集会 案内
『 陸自幹部の靖国・宮古神社集団参拝に抗議する 2・14宗教者・市民集会』
主催 平和をつくり出す宗教者ネット / 基地のない沖縄をめざす宗教者の集い
共催 ミサイル基地はいらない宮古島住民連絡会
自衛隊は文民統制を壊すな!
2/14(水) 14:00~15:30
場所:衆議院第1議員会館 国際会議室
◎宗教者・市民共同声明を発表いたします。 ◎各党国会議員の方々から連帯のご挨拶をいただきます。 ◎宗教者・市民から発言をいただきます。
平和をつくり出す宗教者ネット
TEL 090 6711 5573(江上)  FAX 03 3461 9367
陸自幹部の靖国・宮古神社集団参拝に抗議する 2・14宗教者・市民集会 自衛隊は文民統制を壊すな!。 於:衆議院第2議員会館 国際会議室・平和をつくり出す宗教者ネットの月例院内集会
※↑の画像クリックで PDF で開きます。


[終了イベント]
 『沖縄激戦地土砂の埋立使用阻止
  2・6緊急防衛省交渉(東京)』 のご案内
 (2024.1.17)
[緊急 防衛省交渉] ◎2/6(火)12時~2時 開場11:30~・『沖縄激戦地土砂の埋立使用阻止
2・6緊急防衛省交渉(東京)』於:衆議院第1議員会館 国際会議室・主催:沖縄戦遺骨収集ボランテア・ガマフヤー
※↑の画像クリックで PDF で開きます。

『沖縄激戦地土砂の埋立使用阻止 2・6 緊急防衛省交渉(東京)』
主催 沖縄戦遺骨収集ボランテア・ガマフヤー
協賛 沖縄の闘いに連帯する関東の会・あつまれ辺野古@関東・平和をつくり出す宗教者ネット・ 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック・平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO)
防衛省から戦没者を守れ! 県との事前協議に応じろ! 土砂採取場所の変更は知事の承認事項だ!
2/6(火) 12~14時 開場11:30~
場所:衆議院第1議員会館 国際会議室
ガマフヤーがハンスト 「土地採取場所の変更は知事の承認事項だ!」
◎1月10日:国は大浦湾の埋め立て工事に突然着手。10日から始まったハンストは工事について県との事前協議抜きの沖縄無視、蹂躙の暴挙に抗議し、この暴挙と真っ向ぶつかった。沖縄県は事前協議書を送付し11日に防衛局に届いた。沖縄県無視の工事強行は許されない!
◎ 防衛省交渉では主に次の事項を明らかにさせる。「①激戦地土砂の辺野古埋め立て使用は戦没者の尊厳を守れない②埋め立て承認の際の留意事項では「土砂採取場所を変更する場合は知事の承認を受けること」となっており、埋め立て土砂の採取地決定は知事の承認事項。③公有水面埋め立て法施行規則第3条では埋め立て願書に「土砂の採取場所」を記載するように定めており「採取予定地」しか示していない現状は書類不備。④受注業者が決定すると言う説明はおかしい。⑤埋め立ての岩ズリは「黒岩」のはずだが南部は「白岩」使用できない。」などだ。
◎ 戦後、政府が全国の戦没者遺族の元へ届けた遺骨箱の中は、ほとんどが遺骨ではなく御霊石であった。防衛省は、戦没者の血と魂を吸い込んだ南部の御霊石を住民や日本兵を殺したアメリカ軍の基地を作るために海に捨てようとしている。防衛省は人道無視の沖縄激戦地土砂の埋立使用計画を撤回すべきだ。
  連絡先: 090-2062-5695(上田)
     沖縄戦遺骨収集ボランテア・ガマフヤー 事務局



宗教者ネットより
『 衆院・参院憲法審、立憲野党への緊急行動 』のお願い
        
(2024.1.11)

みなさま

  岸田文雄首相は、1月4日、金権自民党の本質を露呈する政治資金規正法違反事件と、人々が大規模な被害を被っている能登半島大震災の最中に行われた記者会見で要旨次のように改憲問題に言及しました。
  「憲法改正の実現に向けた最大限の取組も必要だ。自民党総裁として言えば、自分の総裁任期中に改正を実現したいとの思いに変わりはなく、議論を前進させるべく最大限努力をしたいと考えている。今年は条文案の具体化を進め、党派を超えた議論を加速していく」と。
  憲法調査会以来、憲法の議論は「政局から離れて静かに議論をする条件・環境をつくって議論する憲法調査会以来のよき伝統」(自民党憲法改正推進本部の会合での保岡興治本部長発言・2016年10月18日)のもとで行うべきものと繰り返し確認してきています。
  この伝統から見ても、今は改憲の議論などするべき時ではありません。
  12月7日の衆院憲法審査会で中谷元・与党筆頭幹事(自民党)は、①「緊急事態条項、特に議員任期延長を始めとする緊急事態における国会機能維持」については自民、公明、維新、国民、有志の会で認識が一致しており、立憲民主が合意形成に向けて建設的な議論をする必要があること、および②自衛隊明記について、は記述の仕方というテクニカルな問題を除けば「ほぼ合意が形成されている」として、「具体的な条文作成のための機関を設け、条文作成のステージに入る」ことを提案しました。
  この中谷発言は事実とは大きく異なります。衆参両院の憲法審査会の議論では「改憲すべき条文」などについて、意見の違いは小さいものではなく、全体の「合意」はありません。
  7日の会議で中川正春・野党筆頭幹事(立憲民主党)は「緊急事態については、現時点で私たちは憲法に明記する必要はないと考えている」と言明しました。またこの会議で国民民主党の玉木雄一郎委員は「(中谷委員は自衛隊明記についてほぼ合意ができていると言ったが)私は、単なる明記案は中途半端で反対」と自民党案のより右にシフトする立場で発言しました。また昨年10月27日の衆院憲法審では公明党の北側一雄副代表は自衛隊を9条ではなく、憲法の統治機構条項部分に挿入する変化球的改憲案を提起しています。
  要するに議員任期延長の緊急事態条項では立民(社民含む)と共産とれいわが反対で、自衛隊明記ではこれにくわえて国民民主も公明も自民案に同意していません。
 にもかかわらず「ほぼ合意」があるごとく述べて「条文案の具体化」を語るのは、まず「改憲ありき」の姿勢であり、岸田首相が繰り返し公約してきた「自分の総裁任期中の(憲法)改正」の実現をめざして、強引に採決をしてでも「条文案」をつくるという、改憲推進問答無用の宣言に通じるものです。
  改憲案条文づくりのための「作業部会」の設置は断じて許してはなりません。
  24年1月下旬から始まる通常国会が岸田改憲とのたたかいの正念場です。ご多忙のところ、恐れ入りますが、一人でも多くの市民のみなさんが、ぜひ以下の立憲野党各委員にFAXを送り、改憲原案作りの「作業部会設置に反対」するよう、要請してくださいますようお願いします。

許すな!憲法改悪・市民連絡会

また、拡散していただければ幸いです。  合掌

  『 衆院・参院憲法審、立憲野党への緊急FAX行動 』のお願い(PDF) ⇒ クリック


『衆院・参院憲法審、立憲野党への緊急FAX行動 』のお願い

●衆院憲法審査会委員FAX名簿(立憲野党のみ)
役職  名前  会派  FAX番号
幹事  階 猛 立憲  03-3508-3824
幹事  中川 正春 立憲 03-3508-3428
委員  新垣 邦男 立憲(社民)03-3508-3707
委員  大島 敦 立憲 03-3508-3380
委員  奥野 総一郎 立憲 03-3508-3526
委員  城井 崇 立憲 03-3508-3509
委員  近藤 昭一 立憲 03-3508-3882
委員  本庄 知史 立憲 03-3508-3949
委員  谷田川 元 立憲 03-3508-3502
委員  吉田 はるみ 立憲 03-3508-3250
委員  赤嶺 政賢 共産 03-3508-3626

●参院憲法審査会委員FAX名簿(立憲野党のみ)
役職  名前    会派  FAX番号
幹事  小西洋之  立憲 03-6551-0915
幹事  辻元清美  立憲 03-6551-0613
幹事  山添拓   共産 03-6551-0817
委員  石川大我  立憲 03-6551-1113
委員  打越さくら 立憲 03-6551-0901
委員  小沢雅仁  立憲 03-6551-1119
委員  熊谷裕人  立憲 03-6551-1217
委員  古賀千景  立憲 03-6551-0409
委員  福島みずほ 立憲(社民)03-6551-1111
委員  仁比聡平  共産 03-6551-0408
委員  山本太郎  れい 03-6551-0602
以上


●例文
 「改憲原案作りの『作業部会設置』に反対します 」


『衆院・参院憲法審、立憲野党への緊急FAX行動のお願い』
(2024.1.11)

呼びかけ:許すな!憲法改悪・市民連絡会 / 宗教者ネット
『衆院・参院憲法審、立憲野党への緊急FAX行動』
「激励・抗議例文とFAX番号を紹介ページ」へ
  連絡先: 許すな!憲法改悪・市民連絡会 
[集会案内] ◎10/28(土)15:30~17:15・『《のじれん》に関わって25年・渋谷の街から見た【失われた30年】と【日本の未来】』・お話:下川雅嗣神父・於:イエズス会 岐部ホール 404室・主催:カトリック麹町聖イグナチオ教会 メルキゼデクの会
 ※↑の画像(1/2P)クリックで PDF で開きます。

[集会案内] ◎10/28(土)15:30~17:15・『《のじれん》に関わって25年・渋谷の街から見た【失われた30年】と【日本の未来】』・お話:下川雅嗣神父・於:イエズス会 岐部ホール 404室・主催:カトリック麹町聖イグナチオ教会 メルキゼデクの会
 ※↑の画像(2/2P)クリックで PDF で開きます。

 
 令和6年 1月度 宗教者ネット 月例院内集会  (2024.1.11)

『憲法改正発議を阻止するために / 通常国会における憲法審査会について / 宗教者・市民院内集会』

平和をつくり出す宗教者ネット 月例院内集会

皆さま
昨年12月に終了した臨時国会において、憲法審査会が憲法改正発議に向けての動きがスピードアップしてきています。来たる通常国会において、重要な局面が予想されています。
この間、憲法審査会を傍聴をされ、法律の専門家として、改憲問題対策法律家6団体連絡会の事務局も担当されている弁護士の大江京子さんから憲法審査会のこれまでの状況、今後の動きをお話しいただき、私たちの憲法改正問題に対する認識を深めていきたいと思います。

多くの方々のご参加をお願いいたします。

合掌

日時: 2024年 1月18日(木) 14:00~15:30
場所: 衆議院第2議員会館 第3会議室
内容: ◎大江京子(弁護士・改憲問題対策法律家6団体連絡会)さんから「通常国会における憲法審査会」についてお話しをいただきます。
◎各党国会議員の方々から連帯のご挨拶をいただきます。
主催: 平和をつくり出す宗教者ネット
共催: 基地のない沖縄をめざす宗教者の集い

※ コロナ対策を万全にしてお集まりください

連絡先: 
TEL 090 6711 5573(江上)  FAX 03 3461 9367 
平和をつくり出す宗教者ネット事務局

令和6年 1月度 宗教者ネット月例院内集会 案内
『 憲法改正発議を阻止するために 通常国会における憲法審査会について 宗教者・市民 院内集会』
主催 平和をつくり出す宗教者ネット / 共催 基地のない沖縄をめざす宗教者の集い
1/18(木) 14:00~15:30
場所:衆議院第2議員会館 第1面談室
◎大江京子(弁護士・改憲問題対策法律家6団体連絡会)さんから「通常国会における憲法審査会」についてお話しをいただきます。
◎各党国会議員の方々から連帯のご挨拶をいただきます。
平和をつくり出す宗教者ネット
TEL 090 6711 5573(江上)  FAX 03 3461 9367
憲法審査会について 宗教者・市民院内集会 』・弁護士 大江京子さんから「通常国会における憲法審査会」のお話しを頂きます。憲法改正問題に対する認識を深める。 於:衆議院第2議員会館 第3会議室・平和をつくり出す宗教者ネットの月例院内集会
※↑の画像クリックで PDF で開きます。


[終了イベント]
 『沖縄戦遺骨収集ボランティア・ガマフヤー
  具志堅隆松さんのハンストに連帯する
   1・12首相官邸前宗教者・市民集会』 集会のご案内
 (2024.1.5)

ガマフヤーの具志堅隆松さんが1月10日・11日・12日の3日間、沖縄県庁前広場で、
南部遺骨土砂を海に捨てさせてはならない!代執行による辺野古着工に抗議してハンストをつとめます。
具志堅隆松さんのハンストに連帯する集会を以下のようにつとめます。

日 時: 2024年 1月12日(金) 12~13時
場 所: 首相官邸前
主 催: 平和をつくり出す宗教者ネット


[ハンガーストライキ決行趣意書] 「戦没者の尊厳を守るために沖縄南部地区からの辺野古・埋立土砂採取計画の撤回を求めるハンガーストライキ決行趣意書」(PDF) ⇒クリック

[署名に御協力を] 1月10日から12日まで行われる沖縄戦遺骨収集ボランティア・ガマフヤー具志堅隆松さんが沖縄県庁前でハンストを行う時に集める署名です。御協力をお願いいたします(PDF) ⇒クリック


沖縄戦遺骨収集ボランティア・ガマフヤー 具志堅隆松さんのハンストに連帯する 1・12首相官邸前宗教者・市民集会』
主催 平和をつくり出す宗教者ネット
1/12(金) 12~13時
場所:首相官邸前
◎ガマフヤーの具志堅隆松さんが1/10・1/11・1/12の3日間、沖縄県庁前広場で、 南部遺骨土砂を海に捨てさせてはならない!代執行による辺野古着工に抗議してハンストを つとめます。
◎「大浦湾埋立て着工を許さない!1・12終日行動」(主催:辺野古の海を土砂で埋めるな! 首都圏連絡会)に合流してつとめます。
  連絡先: 090 6711 5573(江上)FAX 03 3461 9367
     平和をつくり出す宗教者ネット事務局

[集会案内] ◎1/12(金)12~13時・『沖縄戦遺骨収集ボランティア・ガマフヤー 具志堅隆松さんのハンストに連帯する 1・12首相官邸前宗教者・市民集会』於:首相官邸前・皆さまのご参加を。合掌 主催 平和をつくり出す宗教者ネット
※↑の画像クリックで PDF で開きます。


 
  [終了イベント]
 『南部遺骨土砂を海に捨てさせてはならない!
 代執行による辺野古着工に抗議』 ハンスト
 (2024.1.9)

ガマフヤーの具志堅隆松さんが1月10日・11日・12日の3日間、沖縄県庁前広場で、
南部遺骨土砂を海に捨てさせてはならない!代執行による辺野古着工に抗議してハンストをつとめます。

日 時: 2024年 1月10日(水)12時~ 12日(金)
場 所: 沖縄県庁前広場

[ハンガーストライキ決行趣意書] 「戦没者の尊厳を守るために沖縄南部地区からの辺野古・埋立土砂採取計画の撤回を求めるハンガーストライキ決行趣意書」(PDF) ⇒クリック

[署名に御協力を] 1月10日から12日まで行われる沖縄戦遺骨収集ボランティア・ガマフヤー具志堅隆松さんが沖縄県庁前でハンストを行う時に集める署名です。御協力をお願いいたします(PDF) ⇒クリック


『実施計画の事前協議が残っている
埋立土砂採取場所の決定は防衛局でも
受注業者でもない 県知事の承認事項だ
県南部を採取場所にしないよう求める
ハンスト
沖縄戦遺骨収集ボランティア・ガマフヤー 具志堅隆松さん
1/10(水) 12時~12(金)
場所:沖縄県庁前広場
◎ガマフヤーの具志堅隆松さんが1/10・1/11・1/12の3日間、沖縄県庁前広場で、 南部遺骨土砂を海に捨てさせてはならない!代執行による辺野古着工に抗議してハンストを つとめます。
具志堅隆松・ガマフヤー支援者の会

代執行による辺野古着工に抗議してハンスト・ガマフヤーの具志堅隆松さんが1月10日・11日・12日の3日間、沖縄県庁前広場 平和をつくり出す宗教者ネット
※↑の画像クリックで PDF で開きます。


  [終了イベント]
 『パレスチナ連帯・国際行動 イスラエルは虐殺やめろ!即時停戦!1・13イスラエル大使館前行動』  (2024.1.10)

パレスチナに平和を!11・1イスラエル大使館緊急行動!
戦争の即時中止!イスラエルはガザへの軍事攻撃を止めろ!


日時:2024年1月13日(土) 16:30~17:30
場所:イスラエル大使館前(集合・有楽町線麹町駅6番出口改札外)
呼びかけ:パレスチナに平和を!緊急行動(総がかり行動実行委員会ほか)
趣旨に賛同される方、どなたでも歓迎です。

連絡先: 総がかり行動実行委員会
 ・許すな!憲法改悪・市民連絡会 TEL 03‐3221-4668
 ・憲法9条を壊すな!実行委員会 TEL 03‐3221-4668

ご参加をお願いいたしま す。 合掌

1・13 イスラエル大使館前 緊急抗議行動
『 パレスチナ連帯・国際行動 イスラエルは虐殺やめろ!即時停戦!1・13イスラエル大使館前行動』
呼びかけ:総がかり行動実行委員会 (許すな!憲法改悪・市民連絡会・憲法9条を壊すな!実行委員会)
世界の人々とともに 殺戮反対、即時停戦、平和を! 人びとを殺すなの声をあげ ましょう。一人一人の小さな市民ができることを!
1/13(土) 16:30~17:30
場所:イスラエル大使館前
 集合:有楽町線麹町駅6番出口改札外・JR市ヶ谷駅徒歩約10分
◎プラカードはできるだけ各自で自分の思いを書いたものを。
連絡先:総がかり行動実行委員会
憲法9条を壊すな!実行委員会 TEL 03‐3221-4668



 お知らせ・履歴 ⇒クリック  


=お願い=

「宗教者九条の和」の活動を支えていただくため、
ご支援をお願い申し上げます。

振替口座:00140-1-260524「宗教者九条の和」

☆岸田首相は、閣議決定で集団的自衛権の行使を容認し、何が何でも、日本を「戦争する国」にしようと、「限定的」とか、自衛権の「集団的」を明記しないとか言い出しています。こんな偽装にだまされてはいけません。
 岸田首相の解釈改憲は、ナチス・ドイツがワイマール憲法を葬り去った歴史を繰り返す危険性があります。
 みんなで祈り、声を上げましょう!行動を起こしましょう!署名を集めましょう!

「宗教者九条の和」呼びかけ人世話役・事務担当者一同



皆様からのメッセージをぜひ下記の事務所へお寄せください。「宗教者九条の和」の「ホームページ」「ニュース・レター」などでご紹介させていただき、私たち宗教者の憲法第九条を守る祈りの和を共有していきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。 
「宗教者九条の和」の事務所は、日本カトリック会館から日本山妙法寺に平成21年3月末日をもって移転いたしました。 

 これまでの活動の履歴はこちらをクリック
宗教者九条の和」アピールにご賛同いただける方は、
 お申込をお願いします。 

 「宗教者九条の和」の活動を支えていただくため、
 ご支援をお願い申し上げます。

 振替口座:00140-1-260524「宗教者九条の和」

「九条の会」オフィシャルサイト http://www.9-jo.jp/

| TOP | | お知らせ | | 宗教者のみなさまへ | | 賛同メッセージ | | 呼びかけ人 | | お問合せ |
事務局 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町8-7 日本山妙法寺